東北大学整形外科学教室

ホーム
お知らせ
医局について
学生・研修医
研究会
同窓会会員
English
閉じる
2022年度 専攻医募集中

募集期間:7月初旬~ ※専攻医の詳細はこちら

研究会・勉強会

第123回 東北大学脊椎外科懇話会

■日 時:2022年12月17日(土)午後3時~

■会 場:江陽グランドホテル4F 「真珠の間」

■参加費:3,000円

2022年発表演題検討会(演者所属は発表当時)   

座長:高橋 康平先生(東北大学) 橋本 功先生(東北大学)

1. 腱反射の検査結果における検者間の一致性 東北中央病院 日下部 詢弥先生

2. 脊椎後弯症患者の歩行時と立位時の股関節肢位 -三次元動作解析装置を用いた歩行解析とX線計測による検討- 東北大学 石川 圭佑先生

3. Spurlingテストの方法と頚部神経根症における陽性率 仙台西多賀病院 鈴木 学先生

4. 仙腸関節の解剖から見えてくる動きの法則 JCHO仙台病院 黒澤 大輔先生

5. A novel radiological scoring system for the diagnosis of far-out syndrome 東北大学 高橋 康平先生

6. 高齢者に発生する頚椎・頚髄損傷と肥満・るい痩の関係 -JASA多施設共同研究による1412例の後ろ向き解析- 東北大学 橋本 功先生

7. 腰椎変性すべり症における立位脊椎骨盤パラメータ上のリスク因子 -腰部脊柱管狭窄症との比較による検討- 東北労災病院 松谷 重恒先生

8. 急性期頚椎頚髄損傷の治療 -超早期(受傷後 8 時間以内),早期(8-24 時間), 待機(24 時間以降)の手術時期が麻痺の改善と合併症予防に及ぼす効果- 仙台医療センター 小川 真司先生

9. 全例除圧術のみで加療したL4/5一椎間の腰部脊柱管狭窄症190例の1年成績(変性すべり度による比較) 仙台整形外科病院 中川 智刀先生

10. いわゆるC5麻痺を呈するC6神経根症の特徴 -C5神経根症と比較して- 東北中央病院 椿野 巧先生

※ウェブ参加をご希望の方は、ご所属・ご指名をご明記の上、東北大学脊椎外科懇話会事務局宛にお問い合わせください