業績(2018年)

英文論文

  1. Aizawa T, Ozawa H, Ashina Y, Hashimoto K, Kanno H, Eto T, Itoi E.
    Remote intracranial hemorrhage after spinal surgery: possible etiology and incidence.
    Clin Surg 2018; 3: 2058.
  2. Aizawa T, Kokubun S, Kusakabe T, Ozawa H, Tanaka Y, Hoshikawa T, Hashimoto K, Kanno H, Morozumi N, Koizumi Y, Kawahara C, Sato T, Hyodo N, Ogawa S, Murakami E, Itoi E.
    Rate of spinal surgery in a rapidly aging society: the 27-year changes in Miyagi Prefecture, Japan.
    J Neurosurg Sci 2018 Jan 4. doi: 10.23736/S0390-5616.18.04251-0.
  3. Kanno H, Aizawa T, Ozawa H, Koizumi Y, Morozumi N, Itoi E.
    An increase in the degree of olisthesis during axial loading reduces the dural sac size and worsens clinical symptoms in patients with degenerative spondylolisthesis.
    Spine J 2018; 18(5): 726-733.
  4. Kanno H, Takahashi T, Aizawa T, Hashimoto K, Itoi E, Ozawa H.
    Recurrence of ossification of ligamentum flavum at the same intervertebral level in the thoracic spine: a report of two cases and review of the literature.
    Eur Spine J 2018; 27 (Suppl 3): 359-367.
  5. Koakutsu T, Aizawa T, Itoi E, et al.
    Postoperative changes in Presepsin level and values predictive of surgical site infection after spinal surgery: a single center, prospective observational study.
    Spine (Phila Pa 1976) 2018; 43(8): 578-584.
  6. Murakami E, Kurosawa D, Aizawa T.
    Sacroiliac joint arthrodesis for chronic sacroiliac joint pain: an anterior approach and clinical outcomes with a minimum 5-year follow-up.
    J Neurosurg Spine 2018; 29(3): 279-285.
  7. Murakami E, Kurosawa D, Aizawa T.
    Treatment strategy for sacroiliac joint-related pain at or around the posterior superior iliac spine.
    Clin Neurol Neurosurg 2018; 165: 43-46.
  8. Onoki T, Kanno H, Aizawa T, Hashimoto K, Itoi E, Ozawa H.
    Recurrent primary osseous hemangiopericytoma in the thoracic spine: a case report and literature review.
    Eur Spine J 2018; 27 (Suppl 3): 386-392.
  9. Tateda S, Hashimoto K, Aizawa T, Kanno H, Itoi E, Ozawa H.
    Diagnosis of benign notochordal cell tumor of the spine: is a biopsy necessary?
    Clin Case Rep 2017; 6(1): 63-67.

邦文論文

  1. 相澤俊峰、田中靖久、日下部隆、橋本 功、菅野晴夫、両角直樹、古泉 豊、小川真司、星川 健、兵藤弘訓、村上栄一、笠間史夫、佐藤哲朗、小澤浩司、国分正一.
    超高齢化社会に伴う脊椎外科手術数の変化.
    J Spine Res 2018; 9: 15-19.
  2. 黒澤大輔、村上栄一.
    仙腸関節障害の診断と治療の進歩.
    別冊整形外 2018; 74: 152-157.
  3. 鈴木 学、田中靖久、椿野 巧、星川 健、高橋 康平.
    脊髄障害と誤認されたC8神経根症の1例.
    東日整災外会誌 2018; 30(2): 220-224.

著書・編書

  1. 相澤俊峰.
    腰椎分離症・すべり症. 福井次矢、高木 誠、小室一成編. 今日の治療指針第60巻.
    医学書院, 東京. 2018: 1126.  
  2. 国分正一.
    整形外科 用語のいざない.
    金原出版, 東京. 2018.  
  3. 山屋誠司ほか.
    合併症回避の技: 腹臥位手術(体位)による合併症の回避. 西良浩一編.
    OS NEXUS14. メジカルビュー社, 東京. 2018: 2-11.  

国際学会発表

3rd International Conference on Sacroiliac Joint Surgery, Florida, 2/21-24, 2018.

  1. Kurosawa D, Murakami E, Aizawa T.
    SIJ injections-how to do it in Japan/Europe.
  2. Kurosawa D, Murakami E, Aizawa T.
    Technical considerations and pitfalls-anterior approach.
  3. Kurosawa D, Murakami E, Aizawa T.
    Value of SIJ injections for diagnosis of SIJ pain.
  4. Murakami E.
    Daiagnostic algorithm for SIJ disorder in Japan.

19th EFORT Annual Congress Barcelona, Spain 5/30-6/1, 2018

  1. Suzuki M, Takahashi K, Tsubakino T, Hoshikawa K, Takada T, Murakami T, Tanaka Y.
    Compressing factors in extraforaminal stenosis of L5 root at the L5-S1 intervertebral level.

28th Japanese-Korean Combined Orthopaedic Symposium Gifu, Japan 6/14-15, 2018

  1. Kokubun S.
    The lower trapezius muscle causes low back pain through myogelotic sensitization.

Spine Across the Sea Kauai, Hawaii 7/29-8/2, 2018

  1. Koakutsu T, Sasaki M, Sekiguchi A, Morozumi N, Kokubun S, Hashimoto K, Aizawa T, Kasama F, Tanaka Y, Sato T, Itoi E, Yamazaki S.
    Anterior decompression and fusion versus laminoplasty for cervical myelopathy caused by soft disc herniation: a long-term prospective multicenter study.

6th International Malaysian Spine Spciety Scentific Congress Kuala Lumpur, Malaysia 8/3-5, 2018

  1. Kokubun S.
    First case of hemivertebra excision. In Symposium: The most memorable case in my spine practice.
  2. Kokubun S.
    Natural history of cervical spondylotic radiculopathy. In Symposium: Conservative treatment in spinal surgery.

16th Japan-Korea Combined Meeting of Orthopedic Sports Medicine Tokushima, Japan 9/7-9, 2018

  1. Yamaya S, et al, Sairyo K.
    Smiley face rod method for lumbar spondylolysis associated with spina bifida occulta.

1st Gwangju International Spine Symposium "The Health of Aging Spine" Gwangju, Korea 9/8, 2018

  1. Kokubun S.
    Increasing incidence of degenerative spinal diseasesin Japan observed in the Tohoku University Spine Society (TUSS) Regsitry since 1988. In Symposium: Secrets to the health of eldery spine.

50th Myanmar Orthopaedic Annual Scientific Meeting Yangon, Myanmar 11/7-9, 2018

  1. Kokubun S.
    Ethics in spinal surgery. In Scientific Papers: What news in spine surgery.

国内学会発表

第28回東北脊椎外科研究会 仙台 2018年1月27日

  1. 黒澤大輔、村上栄一.
    仙腸関節腔内像からみた仙腸関節痛の病態分類.
  2. 山屋誠司、中川智刀、高橋永次、徳永雅子、兵藤弘訓、佐藤哲朗.
    頚部脊髄症に対する内視鏡下頚椎後方除圧術 (Cervical microendoscopic laminotomy: CMEL) の導入報告.

第47回日本脊椎脊髄病学会学術集会 神戸 2018年4月12-14日

  1. 黒澤大輔、村上栄一.
    仙腸関節障害例における腰仙移行椎の頻度と仙腸関節固定術時の注意点.
  2. 鈴木 学、田中靖久、星川 健、椿野 巧、猪苗代敬、高橋康平、高田哲史、村上大史.
    C4神経根症の診断.
  3. 椿野 巧、田中靖久、星川 健、橋本 功、高橋康平、鈴木 学、松田倫治.
    単純X線による腰椎椎間孔狭窄の診断―再現性と信頼性および診断に有用な単純X線所見―.
  4. 中村 豪、日下部隆、古泉 豊、笠間史夫、高橋永次、松谷重恒、椿野 巧、中村 聡、田中靖久、佐藤哲朗、相澤俊峰、国分正一.
    腰椎硬膜内脱出椎間板ヘルニアに対する手術治療.
  5. 橋本 功、相澤俊峰、菅野晴夫、山屋誠司、小澤浩司、国分正一.
    片側椎弓切除による脊髄腫瘍摘出術の検証―脊髄腫瘍約900手術症例の解析―.
  6. 矢部 裕、萩原嘉廣、関口拓矢、板谷信行、吉田新一郎、曽木靖仁、矢野利尚、井樋栄二.
    スポーツ少年団員における座位活動が腰痛に与える影響.
  7. 山屋誠司、菅野晴夫、橋本 功、相澤俊峰、井樋栄二ほか.
    3D fusion imagingを応用した頚椎内視鏡下後方除圧術の3次元手術シミュレーションの有用性と課題.

第115回東北整形災害外科学会 弘前 2018年4月27-28日

  1. 中村 豪、日下部隆、松谷重恒.
    Persistent first intersegmental arteryの2例.
  2. 藤井 駿、菅野晴夫、相澤俊峰、橋本 功、井樋栄二、小澤浩司.
    脊髄係留症候群に対し一期的に脊髄係留解除術と脊柱短縮骨切り術を行った1例.
  3. 山屋誠司、中川智刀、高橋永次、徳永雅子、兵藤弘訓、佐藤哲朗.
    頚部脊髄症に対する内視鏡下頚椎後方除圧術 (Cervical microendoscopic laminotomy: CMEL) の導入報告.

第91回日本整形外科学会学術総会 神戸 2018年5月24-27日

  1. 菅野晴夫、相澤俊峰、橋本 功、山屋誠司、井樋栄二.
    HA顆粒による経皮的椎弓根スクリューの新たな補強法の検討―生体力学的解析による骨粗鬆症脊椎への有効性の解析―.
  2. 菅野晴夫、相澤俊峰、橋本功、山屋誠司、井樋栄二.
    腰椎MRIのnerve root sedimentation sign とredundant nerve rootの有無による脊柱管狭窄・臨床症状の比較.
  3. 小圷知明、相澤俊峰、井樋栄二ほか.
    プレセプシンの整形外科周術期における動態と基準値策定の試み―単一施設前向き観察研究―.
  4. 半田恭一、小澤浩司、相澤俊峰、橋本 功、菅野晴夫、舘田 聡、井樋栄二.
    仙椎部巨大神経鞘腫の治療成績.
  5. 半田恭一、菅野晴夫、菅谷岳広、松田倫治、井樋栄二.
    脊髄損傷におけるシャペロン介在性オートファジーの検討.
  6. 半田恭一、菅野晴夫、松谷重恒、今泉秀樹、井樋栄二.
    非骨傷性頚髄損傷における脊髄圧迫因子の検討.

第32回日本外傷学会総会・学術集会 京都 2018年6月21-22日

  1. 小圷知明ほか.
    他臓器合併損傷を伴う脊椎脊髄損傷に対する外科的治療―単一施設後向き観察研究―.

第67回東日本整形災害外科学会 秋田 2018年9月21-22日

  1. 衛藤俊光、相澤俊峰、菅野晴夫、小野田祥人、松田倫治、半田恭一、小澤浩司.
    当科における胸椎OPLLに対する手術治療の検討.

第33回日本整形外科学会基礎学術集会 奈良 2018年10月11-12日

  1. 菅谷岳広、菅野晴夫、松田倫治、半田恭一、舘田 聡、小澤浩司、井樋栄二.
    Dabrafenibはマウス脊髄損傷におけるプログラム型細胞死necroptosisを抑制し運動知覚機能を改善させる.
  2. 半田恭一、菅野晴夫、菅谷岳広、松田倫治、井樋栄二.
    脊髄損傷におけるシャペロン介在性オートファジーの検討.
  3. 松田倫治、菅野晴夫、菅谷岳広、半田恭一、八幡健一郎、山屋誠司、小澤浩司、井樋栄二.
    脊髄損傷に対する低出力体外衝撃波治療による神経栄養因子(BDNF)の発現促進と運動・知覚機能の改善.

第26回日本腰痛学会 浜松 2018年10月26-27日

  1. 黒澤大輔、村上栄一.
    仙腸関節障害: 保存療法の限界を示す臨床症候.
  2. 黒澤大輔、村上栄一.
    仙腸関節ブロックによる腰殿部痛の診断と治療.
  3. 村上栄一.
    仙腸関節障害の診断と治療. シンポジウム.

第9回日本仙腸関節研究会 浜松 2018年10月27日

  1. 黒澤大輔、村上栄一.
    我々が行っている仙腸関節後方固定術の方法とPitfalls.

第45回日本臨床バイオメカニクス学会 秋田 2018年11月16-17日

  1. 黒澤大輔、村上栄一、小澤浩司ほか.
    仙腸関節固定術: 有限要素解析による前方法と後方法の有効性の比較.

講演など

相澤俊峰

  1. 超高齢社会の到来と脊椎外科手術―増えた手術と減った手術、そしてわからないこと―.
    アフタヌーンセミナー16. 第47回日本脊椎脊髄病学会、神戸、2018年4月12-14日.
  2. 難治性脊椎疾患の治療―東北大学病院の症例から学んだこと.
    第126回茨城県整形外科集談会、水戸、2018年10月21日.

小圷知明

  1. 多発外傷における頚椎頚髄損傷への対応.
    第12回 NSG頚椎セミナー、名古屋、2018年3月17日.
  2. Primary & Secondary surveyにおける脊椎脊髄評価―救命救急医・脊椎外科医双方の目線から見直す―.
    第2回JOTS Spineセミナー(Basic)、東京、2018年9月2日.
  3. 外傷初期診療において知っておくべき脊椎脊髄損傷の基礎知識.
    第2回JOTS Spineセミナー(Basic)、東京、2018年9月2日.

国分正一

  1. The lower trapezius muscle causes low back pain through myogelotic sensitization. In Lecture.
    The 2nd ISESS and the 2nd ISMISS Asia Japan Joint Congrss, Inuyama, 8/31-9/1, 2018.
  2. Ethics in spinal surgery for degenerative spine. In Special Lecture.
    The 1st Gwangju International Spine Symposium "The Health of Aging Spine", Gwangju, 9/8, 2018.
  3. Pain from myogelotic sensitization. In Lecture.
    Hong Kong Sanatorium and Hospital, Hong Kong, 11/5, 2018.
  4. Myogelosis, tight muscle at rest, easily mistaken for spinal disorders. In Pleanary Lecture.
    The 50th Myanmar Orthopaedic Annual Scientific Meeting, Yangon, 11/7-9, 2018.
  5. 筋硬症の診断と治療.
    和歌山県立医科大学麻酔科、和歌山、2018年5月24日.
  6. 筋肉由来の痛み(筋硬症)どう診てどう治療するか.
    仙台市医師会太白・若林区ブロック学術講演会、仙台、2018年6月30日.

村上栄一

  1. 意外と多い「仙腸関節由来の腰痛」.
    城整会運動器セラピスト講習会、仙台、2018年1月21日.
  2. 意外と多い「仙腸関節由来の腰痛」.
    和歌山県仙腸関節フォーラム、和歌山、2018年2月8日.
  3. 仙腸関節性腰痛の病態と診断のポイント.
    第29回腰痛シンポジウム、横浜、2018年3月3日.
  4. 意外と多い「仙腸関節由来の腰痛」.
    慢性腰痛治療を考える会、越谷、2018年6月22日.
  5. 仙腸関節由来の腰痛: どのように診断し、どのように治療するのか! 教育研修講演.
    第26回日本腰痛学会、浜松、2018年10月26-27日.
  6. 下肢と体幹の繋ぎ目が仙腸関節です. 基調講演.
    第9回日本仙腸関節研究会、浜松、2018年10月27日.
  7. 意外と多い「仙腸関節由来の慢性腰痛」.
    札幌脊椎外科疾患フォーラム、札幌、2018年12月1日.
  8. 見逃してはいけない仙腸関節の痛み.
    第一回東京大橋仙腸関節研究会、東京、2018年12月6日.

業績(2017年)

英文論文

  1. Kurosawa D, Murakami E, Aizawa T.
    Fluoroscopy-guided sacroiliac intraarticular injection via the middle portion of the joint.
    Pain Medicine 2017: 18(9): 1642-1648, doi: 10.1093/pm/pnw297
  2. Tateda S, Aizawa T, Hashimoto K, Kanno H, Ohtsu S, Itoi E, Ozawa H.
    Successful Management of Gorham-Stout Disease in the Cervical Spine by Combined Conservative and Surgical Treatments: A Case Report.
    Tohoku J Exp Med 241; 249-254, 2017.
  3. Kurosawa D, Murakami E, Aizawa T.
    Groin pain associated with sacroiliac joint dysfunction and lumbar disorders.
    Clinical Neurology and Neurosurgery. 161: 104-109, 2017. doi: 10.1016/j.clineuro.2017.08.018. 
  4. Murakami E, Aizawa T, Kurosawa D, Noguchi K.
    Leg symptoms associated with sacroiliac joint disorder and related pain.
    Clin Neurol Neurosurg 157: 55-58, 2017.
  5. Murakami E, Kurosawa D, Aizawa T.
    Treatment strategy for sacroiliac joint-related pain at or around the posterior superior iliac spine.
    Clin Neurol Neurosurg 165:43-46, 2018. doi: 10.1016/j.clineuro.2017.12.017.
  6. Onoki T, Kanno H, Aizawa T, Hashimoto K, Itoi E, Ozawa H.
    Recurrent primary osseous hemangiopericytoma in the thoracic spine: a case report and literature review.
    Eur Spine J. 2017 Oct 9. doi: 10.1007/s00586-017-5322-1. 

邦文論文

  1. 小澤浩司.
    神経病変の脊髄高位の診断.
    整形・災害外科 2017; 60(5): 473-478.
  2. 小澤浩司.
    脊柱後弯による腰痛のメカニズムと保存療法.
    日本骨粗鬆症学会雑誌 2017; 3: 70-71.
  3. 国分正一.
    脊椎脊髄外科と創造性:気付き、こだわり、そして体系化.
    J Spine Res 2017; 8(5): 1029-1033.
  4. 高橋忠久、菅野晴夫、相澤俊峰、橋本 功、井樋栄二、小澤浩司.
    同一椎間に再発した胸椎黄色靭帯骨化症の2例.
    東北整災誌 2017; 60(1): 101-105.
  5. 徳永雅子、兵藤弘訓、佐藤哲朗、中川智刀、高橋永次、高橋良正.
    入院を必要とした新規骨粗鬆症性椎体骨折における破裂骨折の発生頻度.
    J Spine Res 2017; 8(6): 1167-1171.
  6. 山屋誠司、井樋栄二ほか.
    従来MEDで治療してきた患者は、transforaminal PEDで治療可能か?―Safety triangle zoneと刺入部椎間板高に注目した検討―.
    J Spine Res 2017; 8(8): 1375-1380.

著書・編書

  1. 相澤俊峰.
    特発性脊髄ヘルニア. 福武敏夫、徳橋泰明、坂本博昭編.
    Dynamic diagnosisに必要な脊椎脊髄の神経症候学. 三輪書店, 東京. 2017: 184-188.  
  2. 橋本 功.
    第Ⅲ章診断編 A.体幹 2.腰仙骨部. 奥田泰久、臼井要介、中本達夫、山内正憲編. 超音波診断装置が有用な運動器疾患診断治療ガイド.
    克誠堂出版, 東京. 2017: 54-61.  

国際学会発表

8th Annual Meeting of Cervical Spine Research Society-Asia Pacific Section- Kobe, Japan 3/9-11, 2017

  1. Koakutsu T, Sasaki M, Sekiguchi A, Aizawa T, Ishii Y, Kokubun S, Kasama F, Tanaka Y, Sato T, Itoi E, Yamazaki S.
    Anterior decompression and fusion versus laminoplasty for cervical myelopathy caused by soft disc herniation: a long-term prospective study.

The 1st ISMISS Asia-Japan combined with The 10th memorial MISS Summit Forum Inuyama, Aichi 3/17-18, 2017

  1. Yamaya S, et al.
    Usefulness of transforaminal percutaneous endoscopic lumbar discectomy for teenage athletes suffering from lumbar disc herniation.

63rd Annual Meeting of the Orthopaedic Research Society San Diego, USA 3/19-22, 2017

  1. Kamata K, Ozawa H, Aizawa T, Itoi E., et al.
    Factors aggravating the trunk anterior inclination during walking in spinal kyphosis patients.
  2. Kanno H, Sugaya T, Matsuda M, Handa K, Itoi E, Ozawa H.
    Necroptosis contributes secondary neural tissue damage after spinal cord injury: comparisons of incidence and time course with apoptosis.

18th EFORT Congress Vienna, Austria 5/31-6/2, 2017

  1. Hashimoto K, Aizawa T, Kanno H, Itoi E, Kokubun S.
    The reoperation rates after anterior fusion and laminoplasty of the cervical spine: a 26-year period survival function analysis.
  2. Nakagawa T, Tanaka Y, Sato T, Hashimoto K.
    Lumbosacral transitional vertebrae mislead into a recognition of the wrong number of lumbar vertebra.

The 17th Annual Meeting of The Pacific and Asian Society of Minimally Invasive Spine Surgery Sapporo, Japan 7/27-29, 2017

  1. Yamaya S, et al.
    Usefulness of transforaminal percutaneous endoscopic lumbar discectomy for high school athletes suffering from lumbar disc herniation.
  2. Yamaya S, et al.
    Percutaneous endoscopic decompression surgery for lateral recess stenosis due to degenerative spondylolisthesis via transforamial approach under local anesthesia.

11th Combined Meeting of Asia Pacific Spine Society & Asia Pacific Paediatric Orthopaedic Society Goa, India 9/22-24, 2017

  1. Ozawa H.
    Considerations and alternatives in osteoporotic spine-surgery for lumbar degenerative kyphosis-.

49th Myanmar Orthopaedic Society Annual Meeting Yangon, Myanmar 11/9-11, 2017

  1. Ozawa H.
    Treatment of spinal dumbbell tumors.

Combined Meeting of The Spine Conference 108 Military Hospital and 25th Annual Meeting of The Spine Society of HCMC Hanoi, Vietnam 12/14-15, 2017

  1. Ozawa H.
    Treatment of sacral dumbbell tumors.

国内学会発表

第27回東北脊椎外科研究会 仙台 2017年1月28日

  1. 黒澤大輔、村上栄一.
    新しい仙腸関節腔内ブロック(裂隙中央アプローチ)の成功率と手技のポイント.
  2. 中川智刀、徳永雅子、高橋永次、兵藤弘訓、佐藤哲朗.
    当科におけるMED(内視鏡下ヘルニア摘出術)の治療成績(Love法との比較).
  3. 中村 豪、日下部隆、古泉 豊、笠間史夫、高橋永次、松谷重恒、椿野 巧、田中靖久、佐藤哲朗、相澤俊峰、国分正一.
    腰椎硬膜内脱出椎間板ヘルニアのCTD所見.
  4. 半田恭一、松谷重恒、永渕裕章、金澤憲治、小野田五月.
    当院における脊椎術後手術部位感染の検討.
  5. 村上栄一、黒澤大輔.
    仙腸関節障害の診断に腔外、腔内ブロックのどちらが有効か?

第8回東北MISt研究会 仙台 2017年1月29日

  1. 関口 玲、小川真司、千葉知規.
    腰椎破裂骨折術後に感染し、抜釘後に椎体置換とPPSで再建した一例.
  2. 橋本 功、相澤俊峰、菅野晴夫、衛藤俊光、井樋栄二.
    東北大学病院にどうやってOLIFを導入したか.

第15回徳島スポーツ整形外科研究会 徳島 2017年2月18日

  1. 山屋誠司ほか.
    10歳代アスリート 腰椎椎間板ヘルニアに対するPercutaneous Endoscopic Lumbar Discectomy (PED)の有用性.

第46回日本脊椎脊髄病学会学術集会 札幌 2017年4月13-15日

  1. 相澤俊峰、田中靖久、日下部隆、小澤浩司、橋本 功、菅野晴夫、両角直樹、古泉 豊、川原 央、小川真司、笠間史夫、佐藤哲朗、兵藤弘訓、村上栄一、国分正一、井樋栄二.
    超高齢社会に伴う脊椎疾患の手術数の変化.
  2. 黒澤大輔、村上栄一.
    新しい仙腸関節腔内ブロック法(裂隙中央アプローチ)の成功率と手技のポイント.
  3. 小圷知明、相澤俊峰、橋本 功、井樋栄二ほか.
    脊椎外科周術期におけるダメージ関連分子パターンの動態―術後創傷感染症と手術侵襲による炎症反応はどう違うのか?―.
  4. 中川智刀、徳永雅子、高橋永次、兵藤弘訓、佐藤哲朗.
    内視鏡下椎間板ヘルニア切除術(MED)における、術後ドレーン圧の違いと硬膜外血腫形成との関係(前向き研究).
  5. 中川智刀、徳永雅子、高橋永次、兵藤弘訓、佐藤哲朗.
    内視鏡下椎弓切除術(MEL)における、術後ドレーン圧の違いによる硬膜外血腫形成と疼痛発現との関係(前向き研究).
  6. 中村 豪、日下部隆、古泉 豊、笠間史夫、高橋永次、松谷重恒、椿野 巧、中村 聡、田中靖久、佐藤哲朗、相澤俊峰、国分正一.
    腰椎硬膜内脱出椎間板ヘルニアの画像診断―CTDとMRIの検討―.
  7. 橋本 功、相澤俊峰、菅野晴夫、小澤浩司、佐藤哲朗、田中靖久、日下部隆、兵藤弘訓、両角直樹、井樋栄二、国分正一.
    高齢者手術(80歳以上)の疫学―東北大学脊椎外科懇話会27年間の脊椎手術登録から―.
  8. 半田恭一、菅野晴夫、松谷重恒、今泉秀樹、井樋栄二.
    外傷性頚髄損傷の臨床的特徴と脊柱因子―骨傷性・非骨傷性頚髄損傷の比較検討―.
  9. 星川 健、田中靖久、椿野 巧、高橋康平、鈴木 学、高田哲史、中川智刀、橋本 功、松田倫治.
    腰椎変性すべり症に対する開窓術の成績―前向き研究による術後1年目の検討―.
  10. 村上栄一、黒澤大輔.
    仙腸関節由来の痛みに腔外、腔内ブロックのどちらが有効か?
  11. 山屋誠司、菅野晴夫、中村 聡、橋本 功、相澤俊峰、井樋栄二ほか.
    経皮的内視鏡下椎間板摘出術に対する3D fusion imagingを用いた新しい3次元術前計画―exiting nerve injuryを防ぐためのシミュレーション手術―.
  12. 山屋誠司ほか.
    従来MEDで治療してきた患者は,transforaminal PEDで治療可能か?―PED導入に適切な初期症例の検討―.
  13. 山屋誠司、井樋栄二ほか.
    頚椎3D-MRIを用いた頚部神経根の描出と病態別圧迫形態の新しい評価法.

第90回日本整形外科学会学術総会 仙台 2017年5月18-21日

  1. Hashimoto K, Aizawa T, Kanno H, Ozawa H, Sato T, Tanaka Y, Morozumi N, Kusakabe T, Itoi E, Kokubun S.
    Reoperation rates after laminoplasty and anterior spinal fusion for cervical myelopathy: a 26-year period survival function method analysis.
  2. 相澤俊峰、小澤浩司、橋本 功、菅野晴夫、井樋栄二.
    脊椎手術後の遠隔脳出血発生頻度の前向き研究.
  3. 鎌田久美、小澤浩司、相澤俊峰、井樋栄二ほか.
    脊柱後弯症患者における歩行時の体幹前傾化の要因.
  4. 菅野晴夫、相澤俊峰、橋本 功、井樋栄二.
    腰部脊柱管狭窄症におけるnerve root sedimentation signと臨床症状の重症度の関連.
  5. 菅野晴夫、相澤俊峰、橋本 功、小澤浩司、井樋栄二.
    経皮的椎弓根スクリュー固定に対するHA顆粒を用いた新たなaugmentation法.
  6. 菅野晴夫、菅谷岳広、松田倫治、半田恭一、井樋栄二、小澤浩司.
    脊髄損傷における新たな細胞死necroptosisの二次損傷への関与―Apoptosisの発現・経時的変化との比較―.
  7. 小圷知明、相澤俊峰、橋本 功、井樋栄二ほか.
    術後創傷感染症と手術侵襲による炎症反応はどう違うのか―ダメージ関連分子パターンに着目した検討―.
  8. 椿野 巧、田中靖久、星川 健、高橋康平、鈴木 学、高田哲史、橋本 功、松田倫治、井樋栄二.
    腰椎椎間孔狭窄は単純X線像で診断できるか.
  9. 徳永雅子、兵藤弘訓、中川智刀、高橋永次、柏葉光宏、伊東健太郎、高橋良正、佐藤哲朗、井樋栄二.
    骨粗鬆症性椎体骨折における動態CTの有用性.
  10. 中川智刀、高橋永次、徳永雅子、兵藤弘訓、佐藤哲朗、井樋栄二.
    内視鏡下椎弓切除術(MEL)における術後ドレーン圧と硬膜外血腫の関係(前向き研究).
  11. 半田恭一、菅野晴夫、松谷重恒、今泉秀樹、井樋栄二.
    骨傷性・非骨傷性頚髄損傷の比較検討―臨床的特徴と脊柱因子の多施設後ろ向き調査―.
  12. 山屋誠司、菅野晴夫、中村 聡、橋本 功、相澤俊峰、小澤浩司、井樋栄二ほか.
    腰椎椎間孔内・外狭窄病変に対して3D fusion imagingを用いた内視鏡下手術シミュレーションの有用性.
  13. 山屋誠司、井樋栄二ほか.
    頚椎3D-MRIを用いた頚部神経根の描出と病態別圧迫形態の新しい評価法.
  14. 山屋誠司ほか.
    従来MEDで治療してきた患者は、transforaminal PEDで治療可能か―PED導入に適切な初期症例の検討―.
  15. 山屋誠司ほか.
    外側型腰椎椎間板ヘルニアに対して内視鏡下椎間板摘出術を行った118例、同部位ヘルニア再発手術率の検討.

第114回東北整形災害外科学会 新潟 2017年6月9-10日

  1. 千葉知規、小川真司、関口 玲、伊勢福修司、安倍美加、小圷知明.
    胸部大動脈損傷を合併した墜落外傷による胸椎、腰椎骨折の3例.
  2. 山屋誠司、井樋栄二ほか.
    3D fusion imagingを応用した頚椎内視鏡下後方除圧術の3次元シミュレーション手術.

第40回日本骨・関節感染症学会 東京 2017年6月16-17日

  1. 小圷知明.
    脊椎手術におけるプレセプシンの周術期動態と基準値策定―新しい術後感染症診断マーカーとしての有用性―.

第43回日本骨折治療学会 郡山 2017年7月7-8日

  1. 小川真司、伊勢福修司、千葉知規、関口 玲、安倍美加、小暮敦史.
    頚椎不安定損傷に対する急性期固定術―48時間以内の内固定術を目指して―.

第9回東北MISt研究会 仙台 2017年7月8日

  1. 小圷知明.
    低侵襲頚椎椎弓根スクリュー固定術の経験.
  2. 山屋誠司、菅野晴夫、橋本 功、相澤俊峰、井樋栄二ほか.
    3D fusion imagingを応用した頚椎内視鏡下後方除圧術の3次元シミュレーション手術.

第20回日本低侵襲脊椎外科学会学術集会 札幌 2017年7月27-28日

  1. 山屋誠司、菅野晴夫、中村 聡、橋本 功、相澤俊峰、井樋栄二ほか.
    経皮的内視鏡下椎間板摘出術に対する3D fusion imagingを用いた新しい3次元術前計画―exiting nerve injuryを防ぐためのシミュレーション手術―.
  2. 山屋誠司ほか.
    局所麻酔下、経皮的内視鏡下腰椎椎間板摘出術におけるexiting nerve injury回避操作と局所麻酔・併用薬剤の工夫.
  3. 山屋誠司ほか.
    局所麻酔下、経皮的腰椎椎間板ヘルニア摘出術の術中鎮痛状態に影響する因子の検討―122例の解析―.

第43回日本整形外科スポーツ医学会学術集会 宮崎 2017年9月8-9日

  1. 山屋誠司ほか.
    棘突起欠損のある潜在性二分脊椎を伴う腰椎分離症に対する分離修復術Smiley face rod technique: Case report.
  2. 山屋誠司ほか.
    局所麻酔下、経皮的内視鏡下腰椎椎間板摘出術におけるexiting nerve injury回避操作と局所麻酔・併用薬剤の工夫.
  3. 山屋誠司ほか.
    高校生アスリートの腰椎椎間板ヘルニアに対するPercutaneous Endoscopic Lumbar Discectomy (PED)の有用性.

第66回東日本整形災害外科学会 東京 2017年9月15-16日

  1. 小澤浩司、鎌田久美ほか.
    腰椎後弯症患者における骨盤傾斜の検討.

第32回日本整形外科学会基礎学術集会 沖縄 2017年10月26-27日

  1. 菅野晴夫、相澤俊峰、橋本 功、井樋栄二.
    HA顆粒を用いた経皮的椎弓根スクリュー固定に対する新たなaugmentation法―生体力学的解析による骨粗鬆症脊椎への有効性の解析―.

第25回日本腰痛学会 東京 2017年11月3-4日

  1. 黒澤大輔、村上栄一.
    仙腸関節腔内造影剤からみた仙腸関節痛の病態.

講演など

小澤浩司

  1. 中高年脊柱変形の保存療法・手術療法.
    郡山整形外科医会講演会, 2017年3月4日.
  2. 高齢者の脊柱変形―なぜ腰が曲がり痛くなるのか―.
    第59回広島脊椎脊髄セミナー, 2017年3年11日.
  3. 脊髄髄内応力が頚髄症発症に与える影響について.
    日本機械学会北海道支部バイオメカニクス懇話会第26回講演会, 2017年4月13日.
  4. 脊髄髄外腫瘍の治療戦略とpitfalls.
    教育研修講演21. 第90回日本整形外科学会学術総会, 仙台, 2017年5月18-21日.
  5. 中高年脊柱変形の病態からみた保存療法の開発.
    第5回こまち疼痛を考える会, 2017年7月27日.
  6. 脊椎代謝性疾患の診断と治療(主として骨粗鬆症) .
    日本整形外科学会脊椎脊髄病医研修会, 2017年8月27日.
  7. 外傷性頚部症候群の最近の知見―脳脊髄液減少症を含む―.
    第68回秋田県臨床整形外科医会学術講演会, 2017年10月14日.
  8. 高齢者の脊柱変形―なぜ腰が曲がり、痛くなるのか―.
    第15回山梨大学整形外科セミナー, 2017年11月11日.
  9. 人はなぜ腰が曲がり、痛くなるのか―その原因と対策―.
    第25回ひむか骨関節・脊椎脊髄疾患セミナー, 2017年11月18日.
  10. 脊髄腫瘍(髄外)の治療とpitfalls.
    第19回茨城県脊髄・脊椎研究会, 2017年11月24日.
  11. 中高年脊柱変形―人はなぜ腰が曲がり、痛くなるのか―.
    第60回みえ脊椎を語る会, 2017年11月30日.
  12. 成人脊柱変形に対する骨切り術.
    千葉脊椎アドバンスドセミナー, 2017年12月22日.

黒澤大輔

  1. 整形外科とリウマチ内科で挑む慢性疼痛―仙腸関節から広がる新視点.
    第12回EUCALIAフレンドシップミーテイング, 東京, 2017年7月2日.
  2. 仙腸関節障害の診断と治療Part 2.
    第35回京都大学脊椎外科若手会, 大阪, 2017年8月19日.

小圷知明

  1. 高度救命救急センターにおける重症外傷例への対応―整形外科医が重症初療室・集中治療室で学んだこと―.
    教育研修講演3. 第90回日本整形外科学会学術総会, 仙台, 2017年5月18-21日.
  2. 高度救命救急センターにおける頚椎頚髄損傷への対応.
    高知県急性期脊髄損傷講演会, 高知, 2017年9月29日.

中川智刀

  1. 当院における腰椎脊椎内視鏡下手術.
    第13回腰椎フォーラム, 仙台, 2017年4月8日.

中村 聡

  1. 整形外科医療の現状と課題.
    第9回東北CT技術研究会, 盛岡, 2017年9月9日.

橋本 功

  1. 脊椎外科と骨粗鬆症―現在と未来―.
    Osteoporosis Seminar in 盛岡, 盛岡, 2017年3月26日.
  2. あなたの腰痛ホントに大丈夫?
    第9回 元気!健康!フェア in とうほく, 仙台, 2017年4月1日.

村上栄一

  1. 見逃される重要な腰痛・仙腸関節の痛み.
    第4回横浜運動器疼痛フォーラム, 横浜, 2017年1月26日.
  2. 見逃される重要な腰痛・仙腸関節の痛み.
    第8回東北Mist研究会, 仙台, 2017年1月29日.
  3. 見逃される重要な腰痛・仙腸関節の痛み.
    第3回北海道東北Mist研究会合同セミナー, 盛岡, 2017年3月25日.
  4. 見逃される重要な腰痛・仙腸関節の痛み.
    ランチョンセミナー20. 第90回日本整形外科学会学術総会, 仙台, 2017年5月18-21日.
  5. 見逃される重要な腰痛・仙腸関節の痛み.
    第8回宇都宮市保存療法研究会講演, 宇都宮, 2017年6月22日.
  6. 見逃される重要な腰痛・仙腸関節の痛み.
    第9回さくら整形外科フォーラム(日本大学), 東京, 2017年7月29日.
  7. 『仙腸関節の痛み』安全なブロック手技を含めて.
    第8回福島慢性疼痛研究会, 福島, 2017年8月3日.
  8. 見逃される重要な腰痛・仙腸関節の痛み.
    第35回京都大学脊椎外科若手の会, 大阪, 2017年8月19日.
  9. 『人類が生き残った秘密への考察』仙腸関節を中心に.
    第5回日本病巣疾患研究会, 東京, 2017年9月2日.
  10. 意外と多い仙腸関節由来の腰痛.
    仙台市市民医学講座, 仙台, 2017年9月21日.
  11. 画像で診断されない仙腸関節の悲劇と診断できない現代医療の落とし穴.
    第8回日本仙腸関節研究会, 東京, 2017年11月4日.
  12. 見逃される重要な腰痛・仙腸関節の痛み.
    八戸整形外科医会学術講演会, 八戸, 2017年11月17日.

業績(2016年)

英文論文

  1. Aizawa T, Ozawa H, Hashimoto K, Kanno H, Kokubun S, Itoi E.
    Benign thoracic dumbbell tumor can be removed through hemilaminectomy and facetectomy without spinal reconstruction.
    J Neurosurg Sci 2016; 60 (1): 145-148.
  2. Aizawa T, Kokubun S, Ozawa H, kusakabe T, Tanaka Y, Hoshikawa T, Hashimoto K, Kanno H, Morozumi N, Koizumi Y, Sato T, Hyodo H, Kasama F, Ogawa S, Murakami E, Kawahara C, Yahata J, Ishii Y, Itoi E.
    Increasing incidence of degenerative spinal diseases in Japan during 25 years: the registration system of spinal surgery in Tohoku University Spine Society.
    Tohoku J Exp Med 2016; 238: 153-163.
  3. Aizawa T, Tanaka Y, Yokoyama T, Shimada Y, Yamazaki K, Takei H, Konno S, Kawahara C, Itoi E, Kokubun S.
    New diagnostic support tool for patients with leg symptoms caused by lumbar spinal stenosis and lumbar intervertebral disc herniation:  a Self-administered, Self-reported history questionnaire.
    J Orthop Sci 21; 579-585, 2016. http://dx.doi.org/10.1016/j.jos.2016.07.012
  4. Kanno H, Ozawa H, Aizawa T, Koizumi Y, Morozumi N, Itoi E.
    Increased facet fluid predicts dynamic changes in the dural sac size on axial loaded MRI in patients with lumbar spinal canal stenosis.
    AJNR 37:730-735, 2016.
  5. Koakutsu T, Aizawa T. Yuzawa H, Itoi e, Kushimoto S.
    Lumbar artery injury from which the Adamkiewicz artery originated associated with lumbar spine injury: successfully treated by transcatheter arterial embolization.
    Eur Spine J 25 (Suppl 1); S124-128, 2016.
  6. Yabe Y, Hagiwara Y, Tsuchiya M, Honda M, Hatori K, Sonofuchi K, Kanazawa K, Koide M, Sekiguchi T, Itaya N, Itoi E.
    Decreased elastic fibers and increased proteoglycans in the ligementum flavum of patients with lumbar spinal canal stenosis.
    J Orthop Res 34:1241-1247, 2016.

邦文論文

  1. 相澤俊峰.
    腰部脊柱管狭窄症に対する開窓術の再手術率: 20年間の生存分析を用いた検討.
    整形外科 2016; 67(10): 1106-8.
  2. 相澤俊峰、小澤浩司、日下部隆、橋本 功、菅野晴夫、両角直樹、古泉 豊、佐藤哲朗、兵藤弘訓、小川真司、笠間史夫、星川 健、国分正一、舘田 聡、八幡健一郎、谷正太郎、井樋栄二.
    腰部脊柱管狭窄症の保存療法―2年以上手術しなかった症例の検討―.
    東北整災誌 2016; 59(1): 20-3.
  3. 小澤浩司.
    高齢者と慢性運動器痛 骨粗鬆症・脊柱変形による腰背部痛.
    Advances in Aging and Health Research 2016: 97-104.
  4. 小澤浩司.
    仙腸関節痛の診断.
    脊椎脊髄ジャーナル 2016; 29(3): 171-9.
  5. 小圷知明、桑原功行、ほか.
    高齢者骨盤輪骨折に対するS2 alar iliac screwを用いた低侵襲固定術.
    整形・災害外科 2016; 59(9): 1259-63.
  6. 兵藤弘訓、佐藤哲朗、徳永雅子、高橋永次、中川智刀、柏葉光宏、國井知典、高橋良正.
    重度の原発性骨粗鬆症性胸腰椎破裂骨折に対して十分な保存療法後に行ったBalloon Kyphoplastyの治療成績.
    臨床整形外科 2016; 51(6): 557-65.
  7. 山屋誠司、菅野晴夫、中村 聡、小澤浩司、井樋栄二、ほか.
    腰部脊柱管狭窄症における3D fusion image の作成時間に影響する因子の検討.
    J Spine Res 2016; 7(8): 1256-60.

著書・編書

  1. 相澤俊峰.
    腰椎不安定症.今日の整形外科治療指針第7版.
    医学書院. 東京, 2016:688-90,  
  2. 小澤浩司.
    椎体辺縁分離. 今日の整形外科治療指針第7版.
    医学書院, 東京. 2016: 687-8.  
  3. 黒澤大輔、村上栄一. 豆知識: 仙腸関節障害.
    「超」入門 手術で治すしびれと痛み.
    メディカ出版, 大阪. 2016: 99-102.  

国際学会発表

62nd Annual Meeting of the Orthopaedic Research Society Orlando, USA 3/5-8, 2016

  1. Kamata K, Ozawa H, Aizawa T, Itoi E et al.
    Comparison of spino-pelvic alignment during walking with that in standing position in elderly patient with spinal kyphosis.
  2. Kanno H, Ozawa H, Tateda S, Yahata K, Sugaya T, Matsuda M, Itoi E.
    Necroptosis mediated by RIP3 and RIP1 contributes to secondary neural tissue damage after spinal cord Injury in mice.
  3. Yabe Y, Hagiwara Y, Honda M, Sonofuchi K, Kanazawa K, Koide M, Sekiguchi T, Itaya N, Itoi E, et al.
    Decreased elastic fibers and increased proteoglycans in the ligamentum flavum of patients with lumbar spinal canal stenosis.

The 24th Japan-Taiwan Orthopaedic Symposium 4/9, 2016

  1. Ozawa H.
    Surgical treatment of presacral schwannoma.

2nd International Conference on Sacroiliac Joint Surgery, Hamburg, 9/16-17, 2016.

  1. Kurosawa D, Murakami E.
    A diagnostic scoring system for SIJ-related pain.
  2. Kurosawa D, Murakami E.
    Update on the Peri - and Intra - articular SIJ injection – the best way to do it!
  3. Kurosawa D, Murakami E.
    Workshop: Sacroiliac joint injections.

9th Interdisciplinary World Congress on Lower Back and Pelvic Girdle Pain Singapore 10/31-11/3, 2016

  1. Kurosawa D, Murakami E.
    Anterior arthrodesis of sacroiliac joint for severe sacroiliac joint pain: minimum 5-year follow-up study of 23 patients.
  2. Kurosawa D, Murakami E, Aizawa T.
    Fluoroscopy-guided sacroiliac intraarticular injection via the middle portion of the joint.
  3. Kurosawa D, Murakami E, Ozawa H, et al.
    The diagnostic scoring system for sacroiliac joint dysfunction.

67th Philippine Orthopaedic Association Annual Congress Manilla, Philippine 11/16-19, 2016

  1. Tsubakino T, Tanaka Y, Hoshikawa K, Takahashi K, Suzuki M, Takada T, et al.
    Foraminal stenosis as major cause of revision surgeries for lumbar spinal stenosis.

第11回日中脊柱外科新技術検討会 広州, 中国 12/10, 2016

  1. Hashimoto K.
    Surgeries for degenerative lumbar spine disorders in elderly population -epidemiological trends and related problems.

国内学会発表

第26回東北脊椎外科研究会 仙台 2016年1月30日

  1. 舘田 聡、小澤浩司、橋本 功、菅野晴夫、八幡健一郎、井樋栄二.
    当院におけるBenign notochordal cell tumorの経験.
  2. 吉田直記、中村 豪、矢野利尚、日下 仁、金澤憲治、小野田五月、松谷重恒.
    脊髄障害を呈したC5/6頚椎椎間関節嚢腫の1例.

第7回日本MISt研究会 仙台 2016年2月21日

  1. 小圷知明、桑原功行ほか.
    高齢者骨盤輪骨折に対するS2 alar iliac screwを用いた低侵襲腰仙椎固定術.

第12回東北腰痛フォーラム 仙台 2016年4月2日

  1. 菅野晴夫、相澤俊峰、橋本 功、舘田 聡、小澤浩司、井樋栄二.
    腰部脊柱間管狭窄症狭窄症におけるnerve root sedimentation signと臨床症状臨床症状の関係.

第45回日本脊椎脊髄病学会学術集会 千葉 2016年4月14-16日

  1. 相澤俊峰、小澤浩司、橋本 功、菅野晴夫、舘田 聡、八幡健一郎、井樋栄二.
    脊椎手術後の遠隔小脳出血: 後ろ向き研究と前向き研究.
  2. 黒澤大輔、村上栄一、小澤浩司.
    仙腸関節障害と腰椎疾患の鑑別に有用な仙腸関節スコアの開発.
  3. 小圷知明、桑原功行、相澤俊峰、橋本 功、井樋栄二ほか.
    脊椎外科周術期におけるプレセプシンの動態―術後創傷感染症早期診断における有用性―.
  4. 舘田 聡 、菅野晴夫、小澤浩司、山屋誠司、八幡健一郎、井樋栄二ほか.
    脊髄損傷に対する低出力体外衝撃波治療―ブタ脊椎を用いた椎弓切除前後の衝撃波伝達の比較―.
  5. 橋本 功、小澤浩司、相澤俊峰、菅野晴夫、舘田 聡、八幡健一郎、井樋栄二、国分正一.
    頚椎前方除圧固定術と椎弓形成術の再手術率―生存分析を用いた最長26年間の検討―.
  6. 村上栄一、黒澤大輔、相澤俊峰.
    仙腸関節障害と腰椎疾患の鑑別に有用な仙腸関節スコアの開発重症仙腸関節障害に対する仙腸関節固定術の5年以上の長期成績.
  7. 矢部 裕、萩原嘉廣、本田雅人、金澤憲治、小出将志、関口拓矢、板谷信行、井樋栄二ほか.
    腰部脊柱管狭窄症の肥厚した黄色靭帯における弾性線維とプロテオグリカンの解析.
  8. 山屋誠司、菅野晴夫、中村 聡、相澤俊峰、小澤浩司、井樋栄二ほか.
    腰椎椎間孔内・外狭窄と外側型椎間板ヘルニアに対する3次元術前計画―3D fusion imagingを用いた内視鏡下手術シミュレーションの有用性―.
  9. 山屋誠司ほか.
    外側型腰椎椎間板ヘルニアに対して内視鏡下椎間板摘出術を行った109例の治療成績・同部位ヘルニア再発手術率の検討.

第89回日本整形外科学会学術総会 横浜 2016年5月12-15日

  1. 相澤俊峰、小澤浩司、両角直樹、古泉 豊、佐藤哲朗、日下部隆、田中靖久、小川真司、笠間史生、国分正一、井樋栄二.
    高齢化社会に伴い脊椎手術はどのように変遷してきたか.
  2. 菅野晴夫、小澤浩司、相澤俊峰、橋本 功、井樋栄二.
    腰部脊柱管狭窄症におけるnerve root sedimentation signと臨床症状の関係.
  3. 小圷知明、桑原功行、相澤俊峰、橋本 功、井樋栄二ほか.
    脊椎手術後のプレセプシン値の推移―術後創傷感染症早期診断における有用性―.
  4. 山屋誠司、中村 聡、菅野晴夫、橋本 功、相澤俊峰、小澤浩司、井樋栄二ほか.
    腰部脊柱管狭窄症に対する内視鏡下椎弓切除術と棘突起縦割式椎弓切除術の前向き比較試験

第113回東北整形災害外科学会 仙台 2016年6月17-18日

  1. 鎌田久美、小澤浩司、相澤俊峰、井樋栄二ほか.
    後弯症患者はなぜ歩行中に体幹が傾くのか?―3次元動作解析による体幹-骨盤-下肢アライメントの検討―.
  2. 八幡健一郎、相澤俊峰、橋本 功、菅野晴夫、舘田 聡、井樋栄二、小澤浩司.
    Body Mass Index 35kg/m²以上の患者の脊椎手術における問題点.

第28回日本運動器科学会 会津若松 2016年7月9-10日

  1. 小澤浩司.
    中高年の脊柱後弯・後側弯症患者に対する新しい股装具治療.
  2. 鎌田久美、小澤浩司、相澤俊峰、井樋栄二ほか.
    中高年脊柱後弯症の歩行時の動作解析.

第49回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会 東京 2016年7月14-15日

  1. 舘田 聡、小澤浩司、相澤俊峰、橋本 功、菅野晴夫、八幡健一郎、井樋栄二ほか.
    良性脊索細胞腫(Benign notochordal cell tumor)の臨床的画像的特徴.

第24回日本腰痛学会 山梨 2016年9月2-3日

  1. 黒澤大輔、村上栄一、相澤俊峰.
    新しい仙腸関節腔内ブロック法―裂隙中央法アプローチ―.

第65回東日本整形災害外科学会 芦ノ湖 2016年9月22-23日

  1. 舘田 聡、相澤俊峰、橋本 功、菅野晴夫、井樋栄二、小澤浩司.
    治療に成功した頚椎Gorham病の一例.

第18回日本骨粗鬆症学会 仙台 2016年10月6-8日

  1. 小澤浩司.
    脊柱後弯による 腰痛のメカニズムと保存療法.

第38回日本AKA医学会学術集会 東京 2016年10月9日

  1. 黒澤大輔、村上栄一.
    シンポジウム―仙腸関節を視る―仙腸関節の画像所見とAKA博田法の適応.

第31回日本整形外科学会基礎学術集会 福岡 2016年10月13-14日

  1. 鎌田久美、小澤浩司、相澤俊峰、井樋栄二ほか.
    脊柱後弯症患者における歩行時の脊柱―骨盤―下肢関節アライメントの検討.
  2. 菅野晴夫、相澤俊峰、橋本 功、衛藤俊光、井樋栄二.
    骨粗鬆症脊椎に対する経皮的椎弓根スクリューの固定性の生体力学的研究―HA顆粒を用いた新たなaugmentation法の開発と有効性の検討―.
  3. 菅野晴夫、小澤浩司、菅谷岳広、松田倫治、舘田 聡、八幡健一郎、井樋栄二.
    脊髄損傷における新たな細胞死necroptosisの二次損傷への関与―Apoptosisの発現・経時的変化との比較―.
  4. 八幡健一郎、菅野晴夫、小澤浩司、舘田 聡、松田倫治、菅谷岳広、井樋栄二ほか.
    脊髄損傷に対する低出力体外衝撃波治療における椎弓切除の意義―ブタ脊椎を用いた脊柱管内における衝撃波の解析―.

第19回日本低侵襲脊椎外科学会学術集会 東京 11月24-25日

  1. 山屋誠司ほか.
    頚椎3D-MRIを用いた頚部神経根の描出と病態別圧迫形態の新しい評価法.
  2. 山屋誠司、井樋栄二ほか.
    従来MEDで治療してきた患者は、PEDで治療可能か?―PED導入に適切な初期症例の検討―

講演など

小澤浩司

  1. Fenestration for lumbar degenerative spondylolisthesis.
    The 48th Myanmar Orthopaedic Society Annual Scientific Conference, Mandalay, 11/4, 2016.
  2. Surgical treatment of presacral schwannomas.
    The 48th Myanmar Orthopaedic Society Annual Scientific Conference, Mandalay, 11/4, 2016.
  3. 高齢者の脊柱変形に伴う腰臀部痛の病態と治療
    会津整形外科医会学術講演会 会津若松 2016年2月25日
  4. 高齢者の脊柱変形に伴う腰痛の病態と治療
    宮城県臨床整形外科医会学術講演会 2016年4月23日
  5. 脊髄腫瘍の診断、治療、pitfall
    第80回山形整形外科研究会 山形 2016年6月4日
  6. 1. 腰曲がり 2.腰部脊柱管狭窄症
    本日の健康講話 2016年6月22日
  7. 様々な腰痛の病態と治療
    塩釜医師会生涯研修会 2016年8月25日
  8. 外傷性頚部症候群の最近の知見―脳脊髄液減少症を含む
    いわき市医師会整形外科部会学術講演会 いわき 2016年9月23日
  9. 脊髄腫瘍―診断と治療のpitfall―
    西新宿整形外科研究会 autumn seminar 2016 新宿 2016年10月15日
  10. 中高年脊柱変形に伴う腰痛の病態と治療
    第15回水戸関節症研究会 水戸 2016年10月28日
  11. 様々な腰痛の病態と治療
    米沢市医師会学術講演会 2016年11月14日
  12. 中高年脊柱変形―人はなぜ腰が曲がり、痛くなるのか―
    第42回脊椎外科懇話会 札幌 2016年11月18日
  13. 骨粗鬆症性および脊椎症性変化に伴う中高年の脊柱変形の病態と治療
    第227回新潟整形外科研究会 新潟 2016年11月26日

橋本 功

  1. 本当は怖い骨粗鬆症のはなし
    第18回市民医学講座 仙台 2016年5月25日

村上栄一

  1. Leg pain: Is it really SIJ related (disorder) pain? Our anterior SIJ arthrodesis.
    2th international conference on sacroiliac joint surgery, Hamburg, 9/17, 2016.
  2. Clinical diagnosis of SI Joint pain. Sl Joint Fusion- technical overview and clinical results.
    36th Hong Kong Orthopedic Association Annual Congress, Hong Kong, 11/5, 2016.
  3. 見逃される重要な腰痛・仙腸関節の痛み
    東北脊髄研究会 仙台 2016年2月19日
  4. 見逃される重要な腰痛・仙腸関節の痛み
    第6回多摩慢性疼痛研究会 東京 2016年3月10日
  5. 見逃される重要な腰痛・仙腸関節の痛み
    第33回北摂脊椎研究会 大阪 2016年3月12日
  6. 見逃される重要な腰痛・仙腸関節の痛み
    大阪・市整会学術講演会 大阪 2016年4月23日
  7. 見逃される重要な腰痛・仙腸関節の痛み
    第18回大和郡山地区整形外科運動懇話会 大和郡山 2016年6月23日
  8. 見逃される重要な腰痛・仙腸関節の痛み
    第216回広島県臨床整形外科医会 広島 2016年7月9日
  9. 腰下肢痛は仙腸関節障害を含む靭帯由来が神経根由来よりも非常に多いのです!
    第7回日本仙腸関節研究会学術集会 東京 2016年9月3日
  10. 見逃される重要な腰痛・仙腸関節の痛み
    神奈川県臨床整形外科医会 横浜 2016年9月24日
  11. 見逃される重要な腰痛・仙腸関節の痛み
    第4回道南疼痛研究会 函館 2016年9月29日
  12. 見逃される重要な腰痛・仙腸関節の痛み
    見逃される重要な腰痛・仙腸関節の痛み 2016年10月7日
  13. 見逃される重要な腰痛・仙腸関節の痛み
    釧路管内健康フォーラム 釧路 2016年10月8日
  14. 見逃される重要な腰痛・仙腸関節の痛み
    滋賀 痛みの保存療法を考える会 大津 2016年10月22日
  15. 見逃される重要な腰痛・仙腸関節の痛み
    第68回八事整形会 名古屋 2016年12月8日

業績(2015年)

英文論文

  1. Aizawa T, Ozawa H, Kusakabe T, Tanaka Y, Sekiguchi A, Hashimoto K, Kanno H, Morozumi N, Ishii Y, Sato T, Takahashi E, Kokubun S, Itoi E.
    Reoperation rates after fenestration for lumbar spinal canal stenosis: a 20-year period survival function method analysis.
    Eur Spine J 2015; 24(2): 381-387.
  2. Hashimoto K, Tsubakino T, Hoshikawa T, Nakagawa T, Inawashiro T, Kokubun S, Itoi E, Tanaka Y.
    Elderly-onset degenerative "lumbar spondylotic myelopathy" in a patient with a low-placed spinal cord successfully treated by laminotomy: a case report.
    Clin Case Rep 2015; 3(12): 1021-1025.
  3. Kanno H, Ozawa H, Koizumi Y, Morozumi N, Aizawa T, Ishii Y, Itoi E.
    Changes in lumbar spondylolisthesis on axial-loaded MRI: do they reproduce the positional changes in the degree of olisthesis observed on X-ray images in the standing position?
    Spine J 2015; 15(6): 1255-1262.
  4. Kanno H, Ozawa H, Koizumi Y, Morozumi N, Aizawa T, Itoi E.
    Increased facet fluid predicts dynamic changes in the dural sac size on axial-loaded MRI in patients with lumbar spinal canal stenosis.
    AJNR Am J Neuroradiol 2015 (E-Pub).
  5. Kanno H, Ozawa H, Tateda S, Yahata K, Itoi E.
    Upregulation of the receptor-interacting protein 3 expression and involvement in neural tissue damage after spinal cord injury in mice.
    BMC Neurosci 2015; 16(62): 1-10.
  6. Kanno H, Pearse DD, Ozawa H, Itoi E, Bunge MB.
    Schwann cell transplantation for spinal cord injury repair: its significant therapeutic potential and prospectus.
    Rev Neurosci 2015; 26(2): 121-128.
  7. Murakami E, Kurosawa D, Ozawa H.
    Sacroiliac joint injection to diagnose SIJ-related pain: intra-articular or peri-articular?
    Osteoporose Rheuma Aktuell 2015; 4: 24-28.
  8. Yabe Y, Hagiwara Y, Ando A, Tsuchiya M, Minowa T, Takemura T, Honda M, Hatori K, Sonofuchi K, Kanazawa K, Koide M, Sekiguchi T, Itoi E.
    Chondrogenic and fibrotic process in the ligamentum flavum of patients with lumbar spinal canal stenosis.
    Spine 2015; 40(7): 429-435.

邦文論文

  1. 小澤浩司.
    軽度腰椎変性すべり症の治療選択「非固定」の立場から.
    Loco Cure 2015; 1: 63-66.
  2. 小澤浩司.
    脊椎脊髄の冠名徴候・症候群-Soto-Hallテスト.
    脊椎脊髄ジャーナル 2015; 28: 362-363.
  3. 小澤浩司.
    脊椎脊髄の冠名徴候・症候群 -仙腸関節の冠名徴候- Gaenslenテスト、Nachlasテスト.
    脊椎脊髄ジャーナル 2015; 28: 320-321.
  4. 小澤浩司.
    日本脊椎脊髄病学会指導医の偏在はあるのか-指導医数についての考察.
    脊椎脊髄ジャーナル 2015; 28: 5-6.
  5. 小圷知明、佐藤武揚、井樋栄二、久志本成樹.
    東日本大震災における運動器疾患の検討.
    整形・災害外科 2015; 13(13): 1757-1762.
  6. 中川智刀、吉田宗人、河合将紀、野村和教、中村陽介、矢渡健一.
    1667例MED術後の同部位ヘルニア再発手術例の検討.
    J Spine Res 2015; 6: 1278-1281.
  7. 半田恭一、今泉秀樹、矢野利尚、菅原長弘、北原 祐、高野広之、大津 進.
    当院での5年間の頚髄損傷の検討.
    東北整形災害外科学会雑誌 2015; 58: 50-52.
  8. 山屋誠司、菅野晴夫、中村 聡、高橋伸光、佐藤貴晃.
    内視鏡下脊椎手術における3D fusion imagingによる術前計画の有用性 −椎骨,硬膜管,神経根,椎間板,黄色靭帯の3次元可視化−.
    J Spine Res 2015; 6(8): 1305-1311.

著書・編書

  1. 小澤浩司.
    馬尾腫瘍. 今日の治療指針2015.
    医学書院, 東京. 2015: 1018. 
  2. 小澤浩司、国分正一.
    片側椎弓切除による頸椎部砂時計腫の摘出術. 脊椎脊髄の手術第Ⅱ巻.
    三輪書店, 東京. 2015: 511-516. 

国際学会発表

61th Annual Meeting of the Orthopaedic Research Society Las Vegas, USA 2015/3/28-31

  1. Kanno H, Ozawa H, Tateda S, Yahata K, Itoi E.
    Receptor-interacting protein kinases mediate necroptosis in neural tissue damage after spinal cord injury.
  2. Tateda S, Kanno H, Ozawa H, Seigushi A, Yahata K, Yamaya S, Itoi E.
    Rapamycin suppresses microglial activation and reduces inflammation after spinal cord injury in mice.
  3. Yabe Y, Hagiwara Y, Ando A, Tsuchiya M, Minowa T, Takemura T, Honda M, Sonofuchi K, Kanazawa K, Koide M, Sekiguchi T, Itaya N, Itoi E.
    Pathogenesis of the hypertrophied ligamentum flavum in LSCS.
  4. Yahata K, Ozawa H, Kanno H, Yamaya S, Tateda S, Ito K, Shimokawa H, Itoi E.
    Low-energy extracorporeal shock wave therapy promotes VEGF expression and angiogenesis and improve locomotor and sensory functions after spinal cord injury.

16th EFORT Congress 2015 Prague, Czech Republic 2015/5/27-29

  1. Hashimoto K, Nakagawa T, Tsubakino T, Hoshikawa T, Inawashiro T, Tanaka Y.
    Imaging diagnosis of lumbar foraminal stenosis: is T1-weighted three-dementional lumbar MRI reliable and reproducible?

36th SICOT Orthopaedic World Congress Guangzhou, China 2015/9/17-19

  1. Aizawa T, Ozawa H, Itoi E.
    Changes in spinal surgery in Japan during 25 years: epidemiologic study using the spinal surgery registration system of Tohoku University and its affiliated hospitals.

国内学会発表

第25回東北脊椎外科研究会 仙台 2015年1月31日

  1. 小圷知明、笹治達郎、久志本成樹.
    前方椎弓根スクリューを用いて再建した頚椎損傷の1例.
  2. 高橋永次、佐藤哲朗、兵藤弘訓、川又朋麿、高橋良正、國井知典、大野木孝嘉.
    腰椎椎間関節嚢腫術後再発例の検討.
  3. 中村 聡.
    4椎間の腰部脊柱間狭窄症に対して2術者による2×2椎間同時MEL(タンデム手術)を行った2症例.
  4. 矢野利尚、松谷重恒、小野田五月、中村 豪、日下 仁、鎌田久美、大柳 琢、品川清嗣、栗島宏明、佐熊 勉.
    胸椎硬膜外原発の悪性黒色腫の1例.
  5. 山屋誠司、佐藤俊一郎、佐藤貴晃、服部弘之、山田 登、岩井和夫.
    L5/S椎間孔狭窄に対する内視鏡下除圧術 -3D fusion imageの有用性-.

第44回日本脊椎脊髄病学会学術集会 福岡 2015年4月16~18日

  1. 相澤俊峰、小澤浩司、橋本 功、菅野晴夫、舘田 聡、矢部 裕、八幡健一郎、井樋栄二.
    胸椎砂時計腫の手術成績 -脊椎固定は必要か?
  2. 菅野晴夫、Pearse D、小澤浩司、井樋栄二、Bunge M.
    脊髄損傷に対するシュワン細胞移植による神経再生治療 -神経栄養因子D15Aによる移植細胞生着・軸索再髄鞘化の促進-.
  3. 菅野晴夫、小澤浩司、相澤俊峰、橋本 功、井樋栄二.
    荷重MRIによる腰椎変性すべりの動的変化の検討 -荷重によるすべりの増大と臨床症状の関係-.
  4. 菅野晴夫、小澤浩司、舘田 聡、八幡健一郎、井樋栄二.
    脊髄損傷における新たな細胞死necroptosisによる神経傷害メカニズムの解明.
  5. 黒澤大輔、村上栄一、小澤浩司.
    仙腸関節障害と腰椎疾患の鑑別に有用な仙腸関節スコアの開発.
  6. 舘田 聡、菅野晴夫、小澤浩司、八幡健一郎、井樋栄二.
    脊髄損傷急性期のラパマイシン投与によるミクログリア活性と炎症抑制効果の検討.
  7. 中川智刀、田中靖久、橋本 功、松田倫治、笹治達郎、猪苗代敬、小川真司、小圷知明、日下部隆、星川 健、椿野 巧.
    脊椎外科医は、腰椎高位を正確に判断できるのか? -腰仙椎部移行椎の影響-.
  8. 八幡健一郎、菅野晴夫、小澤浩司、山屋誠司、舘田 聡、伊藤健太、下川宏明、井樋栄二.
    脊髄損傷に対する低出力体外衝撃波治療による血管新生の促進と脊髄障害の改善効果.
  9. 山屋誠司、中村 聡、千田香織、岩城相光、酒勾 章、佐藤俊一郎、服部弘之、山田 登、岩井和夫、井樋栄二.
    腰部脊柱管狭窄症に対する内視鏡下椎弓切除術と棘突起縦割式椎弓形成術の比較 -Zurich claudication questionnaireを用いた前向き比較試験-.

第88回日本整形外科学会学術総会 神戸 2015年5月21~24日

  1. 相澤俊峰、小澤浩司、橋本 功、菅野晴夫、日下部隆、関口 玲、佐藤哲朗、高橋永次、両角直樹、国分正一、井樋栄二.
    腰椎2大疾患の再手術率: 脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニア再手術率の生存分析.
  2. 小澤浩司、相澤俊峰、橋本 功、菅野晴夫、井樋栄二.
    頚髄症におけるMRI髄内T2高輝度領域のパターンと病理像の関係について.
  3. 川上 純、山本宣幸、永元英明、黒川大介、塩田有規、峯田光能、井樋栄二.
    Hill-Sachs損傷のできる肢位に関係する因子は?
  4. 菅野晴夫、小澤浩司、相澤俊峰、橋本 功、井樋栄二.
    荷重MRIにおける腰部脊柱管狭窄の検討 -荷重による動的狭窄のリスク因子の解析-.
  5. 菅野晴夫、小澤浩司、舘田 聡、八幡健一郎、井樋栄二.
    脊髄損傷における新たな細胞死necroptosisによる神経障害メカニズムの解明.
  6. 舘田 聡、菅野晴夫、小澤浩司、八幡健一郎、井樋栄二.
    脊髄損傷急性期のラパマイシン投与による運動機能・アロディニアの改善 -ミクログリア活性と炎症抑制効果の検討-.
  7. 椿野 巧、田中靖久、星川 健、高橋康平、鈴木 学、松田倫治、橋本 功、井樋栄二.
    腰椎椎間孔狭窄手術例のX線像学的検討.
  8. 中川智刀、田中靖久、椿野 巧、星川 健、橋本 功、井樋栄二.
    L5椎間孔内障害に対する片側のpars interarticularis切除術後5年経過例の検討 -不安定性と腰痛発生の有無-.
  9. 八幡健一郎、小澤浩司、菅野晴夫、山屋誠司、舘田 聡、伊藤健太、下川宏明、井樋栄二.
    脊髄損傷に対する低出力体外衝撃波治療によるVEGF発現・血管新生の促進と運動・知覚機能の改善効果.

第27回日本運動器科学会 宮﨑 2015年7月4日

  1. 小澤浩司、関口雄介、出江紳一、井樋栄二.
    中高年の脊柱変形障害に対する新しい運動療法、装具の開発.
  2. 鎌田久美、関口雄介、小澤浩司、相澤俊峰、出江紳一、井樋栄二.
    中高年脊柱後弯症の歩行解析.
  3. 関口雄介、小澤浩司、井樋栄二、出江紳一.
    脊柱後弯症に対する体幹深層筋群の筋力トレーニングを中心としたリハビリテーション訓練前後の歩行解析 -介入の前後を比較した予備的研究-.

第5回東北MISt研究会 仙台 2015年7月5日

  1. 小圷知明、笹治達郎、久志本成樹.
    胸腰椎損傷に対する経皮的椎弓根スクリューを用いた整復固定術.

第112回東北整形災害外科学会 福島 2015年7月17-18日

  1. 相澤俊峰、小澤浩司、日下部隆、橋本 功、菅野晴夫、両角直樹、古泉 豊、佐藤哲朗、兵藤弘訓、小川真司、笠間史夫、星川 健、国分正一、舘田 聡、八幡健一郎、谷正太郎、井樋栄二.
    腰部脊柱管狭窄症の保存療法: 2年以上手術しなかった症例の検討.

第3回九州MISt研究会 福岡 2015年9月5日

  1. 小圷知明、桑原功行、久志本成樹.
    骨盤輪骨折に対するS2 alar iliac screwを用いた低侵襲腰仙椎固定術の試み.

第30回日本整形外科学会基礎学術集会 富山 2015年10月22~23日

  1. 菅野晴夫、Pearse D、小澤浩司、井樋栄二、Bunge M.
    神経栄養因子とコンドロイチナーゼを用いた脊髄再生 -細胞移植治療との併用による神経再生の促進-.
  2. 菅野晴夫、小澤浩司、舘田 聡、八幡健一郎、井樋栄二.
    脊髄損傷における新たな細胞死necroptosisの解析 -Receptor-interacting proteinの発現と二次損傷への関与-.
  3. 舘田 聡、菅野晴夫、小澤浩司、八幡健一郎、井樋栄二.
    mTOR阻害薬ラパマイシンによる脊髄損傷治療 -ミクログリア活性と炎症抑制効果の解析-.
  4. 八幡健一郎、菅野晴夫、小澤浩司、山屋誠司、舘田 聡、伊藤健太、下川宏明、井樋栄二.
    脊髄損傷に対する低出力体外衝撃波治療による血管新生の促進と軸索障害の抑制.

第49回日本側弯症学会学術集会 新潟 2015年11月5~6日

  1. 鈴木恒彦、梶浦一郎、山本貴則、辻 薫.
    症候性側弯患者に対する動的体幹装具と従来型固定的体幹装具の装着時接触内圧測定による比較検討.

第23回日本腰痛学会 東京 2015年11月14~15日

  1. 黒澤大輔、村上栄一.
    仙腸関節障害における腔内ブロック有効例の検討.

第18回日本低侵襲脊椎外科学会 東京 2015年11月26~27日

  1. 小圷知明、笹治達郎、久志本成樹.
    胸腰椎損傷に対するSchanz screwを用いない低侵襲整復固定術.
  2. 山屋誠司、高橋伸光、中村 聡、菅野晴夫、中村陽介、野村和教、小澤浩司、井樋栄二.
    MED,MELのための3D fusion image作成時間を短縮するには何が必要か -椎骨,硬膜管,神経根,椎間板,黄色靭帯の3次元可視化-.
  3. 山屋誠司、中村 聡、千田香織、高橋伸光、菅野晴夫、小澤浩司、井樋栄二.
    腰部脊柱管狭窄症に対する内視鏡下椎弓切除術と棘突起縦割式椎弓切除術の前向き比較試験.

講演など

相澤俊峰

  1. Fenestration for Lumbar Spinal Stenosis.
    Advanced Geriatric Spine Deformity and Solution, Manila, 8/28, 2015.

小澤浩司

  1. 慢性圧迫に対する脊髄の反応 -脊髄障害のバイオメカニクス-
    第30回日本整形外科基礎学術集会 富山 2015年10月22~23日

菅野晴夫

  1. 腰部脊柱管狭窄症における椎間関節形態・椎間不安定性の検討 -腰椎荷重時の動的狭窄との関係-
    第11回東北腰痛フォーラム 仙台 2015年4月4日

黒澤大輔

  1. Which SIJ injection is better to diagnose most SIJ-related pain correctly, intra-articular or peri-articular? What response do we require?
    1st international conference on sacroiliac joint surgery, Hamburg, 9/18-19, 2015.

小圷知明

  1. 人工物を用いない頚椎前方除圧固定術 -国分法の手技と長期成績-(日整会教育研修講演)
    第9回NSG頚椎セミナー 名古屋 2015年2月14日

鈴木恒彦

  1. Non surgical management of scoliosis due to cerebral palsy with use of novel spinal brace.
    10th Annual National Conference of The Indian Academy of Cerebral Palsy, Cuttack, 12/18-20, 2015.
  2. 運動器リハビリテーションと姿勢コントロール
    日本運動器科学会平成26年度教育研修会 仙台 2015年2月21日
  3. 関節リウマチにおける早期リハビリの重要性
    平成27年度北海道・東北地区リウマチ教育研修会 仙台 2015年10月27日

橋本功

  1. たかが腰痛、されど腰痛 -あなたの腰痛は大丈夫?
    第13回市民医学講座 仙台 2015年5月20日

松谷重恒

  1. 腰痛のはなし
    第42回岩手県立中央病院健康講座 盛岡 2015年9月13日

村上栄一

  1. Anterior arthrodesis of Sacroiliac joint for severe sacroiliac joint pain: minimum 5-year follow-up study of 23 patients in 45 patients who underwent surgery.
    1st international conference on sacroiliac joint surgery, Hamburg, 9/18-19, 2015.
  2. 見逃される重要な腰痛・仙腸関節の痛み
    第1回萩・長門ロコモ研究会 山口 2015年1月17日
  3. 見逃される重要な腰痛・仙腸関節の痛み
    第1回みえ整形外科医のための疼痛勉強会 三重 2015年2月26日
  4. 見逃される重要な腰痛・仙腸関節の痛み
    第8回Practical Pain Treatmentセミナー 東京 2015年3月3日
  5. 見逃される重要な腰痛・仙腸関節の痛み
    三木会学術講演会 北海道 2015年4月9日
  6. 腰痛、そして仙腸関節の痛み
    ウイング職員研修会 仙台 2015年5月27日
  7. 見逃される重要な腰痛・仙腸関節の痛み
    第13回横浜脊椎フォーラム 横浜 2015年6月6日
  8. 見逃される重要な腰痛・仙腸関節の痛み
    熊本県臨床整形外科医会講演会 熊本 2015年6月20日
  9. 見逃される重要な腰痛・仙腸関節の痛み
    奥州市整形外科医会講演会 岩手 2015年7月17日
  10. 見逃される重要な腰痛・仙腸関節の痛み
    骨・関節フォーラムin名古屋 名古屋 2015年8月1日
  11. 仙腸関節障害の診断と治療
    第4回早稲田体幹筋機能研究会 東京 2015年8月29日
  12. 見逃される重要な腰痛・仙腸関節の痛み
    水戸関節症研究会 水戸 2015年9月11日
  13. 見逃される重要な腰痛・仙腸関節の痛み
    東北大学脊椎セミナー 仙台 2015年10月29日
  14. 人体の要は仙腸関節です
    第6回日本仙腸関節研究会 東京 2015年11月15日
  15. 【主催研究会】第6回日本仙腸関節研究会
    東京 2015年11月15日

業績(2014年)

英文論文

  1. Kanno H, Pressman Y, Moody A, Berg R, Muir EM, Rogers JH, Ozawa H, Itoi E, et al.
    Combination of engineered Schwann cell grafts to secrete neurotrophin and chondroitinase promotes axonal regeneration and locomotion after spinal cord injury.
    J Neurosci 2014; 34: 1838-1855.
  2. Yamaya S, Ozawa H, Kanno H, Kishimoto KN, Sekiguchi A, Tateda S, Yahata K, Ito K, Shimokawa H, Itoi E.
    Low-energy extracorporeal shock wave therapy promotes vascular endothelial growth factor expression and improves locomotor recovery after spinal cord injury.
    J Neurosurg 2014; 121(6): 1514-1525.

邦文論文

  1. 黒澤大輔、村上栄一.
    救急車で搬送された急性腰痛症に占める仙腸関節障害の頻度と臨床所見.
    整形外科2014; 65: 1132-1136.
  2. 高橋永次、佐藤哲朗、兵藤弘訓、川又朋麿、高橋良正、宮武尚央、徳永雅子.
    腰椎変性すべり症による脊柱管狭窄に対する顕微鏡下片側進入両側除圧術と開窓術の比較検討.
    東北整災誌 2014; 57: 5-10.

著書・編書

  1. Kanno H, Ozawa H.
    Chapter 3. Autophagy in spinal cord injury: pathogenic roles and therapeutic implications. In: Uchida K. Neuroprotection and regeneration of the spinal cord.
    Springer Japan. 2014; 19-30. 
  2. Ozawa H, et al.
    Biomechanics of the spinal cord and the pia mater. In: Uchida K, Nakamura M, Ozawa H, et al. Neuroprotection and regeneration of the spinal cord.
    Springer Japan. 2014; 61-74. 
  3. Ozawa H, et al.
    Morphologic change and glial response to unilateral spinal cord compression. In: Uchida K, Nakamura M, Ozawa H, et al. Neuroprotection and regeneration of the spinal cord.
    Springer Japan. 2014; 83-96. 
  4. Takahashi K, Ozawa H, Sakamoto N, Minegishi Y, Sato M, Itoi E.
    Chapter 25: Stress distribution of the spinal cord and clinical relevance in cervical spondylotic myelopathy. In: Neuroprotection and Regeneration of the Spinal Cord. Uchida K, Nakamura M, Ozawa H, et al (eds).
    Springer Japan. 2014: 311-321. 
  5. 相澤俊峰.
    腰痛~あなたの腰は大丈夫? 宮城の医療と健康2014−2015.
    河北新報社. 仙台. 2014; 59-61.
  6. 黒澤大輔、村上栄一.
    仙腸関節障害. 小川節郎編、牛田享宏監修. 痛みの診療ベストプラクティス.
    メディカル・ビュー社. 東京. 2014; 64-65. 

国際学会発表

60th Orthopaedic Research Society. New Orleans USA 3/15-18, 2014

  1. Kanno H, Ozawa H, Tateda S, Yahata K, Itoi E.
    Upregulation of RIP3 expression in various neural cells after spinal cord injury in mice.
  2. Ozawa H, Sato T, Aizawa T, Itoi E, Kokubun S.
    Postoperative spinal cord swelling and intramedullary Gd-DTPA enhancement in cervical spondylotic myelopathy.
  3. Tateda S, Kanno H, Ozawa H, Sekiguchi A, Yahata K, Yamaya S, Itoi E.
    Rapamycin suppresses astrocytic and microglial activation and reduced development of neuropathic pain after spinal cord injury in mice.
  4. Tateda S, Ozawa H, Kanno H, Yamaya S, Yahata K, Ito K, Shimokawa H, Itoi E.
    Therapeutic potential of low-energy extracorporeal shock wave for neuropathic pain after spinal cord injury.
  5. Yahata K, Ozawa H, Kanno H, Yamaya S, Tateda S, Ito K, Shimokawa H, Itoi E.
    Low-energy extracorporeal shock wave therapy promotes VEGF expression in various neural cells and enhances neuroprotective effect after spinal cord injury.

15th European Federation of National Associations of Orthopaedics and Traumatology Congress. London UK 6/4-6, 2014

  1. Aizawa T, Ozawa H, Itoi E.
    Magnetic resonance imagings of pyogenic spondylitis in recent Japanese university hospitals.
  2. Aizawa T, Ozawa H, Itoi E.
    Resection of thoracic dumbbell tumors through single posterior approach: is instrumented spinal fusion necessary?

Eurospine 2014. Lyon France 10/1-3, 2014

  1. Kanno H, Ozawa H, Aizawa T, Hashimoto K, Itoi E.
    Increased facet fluid predicts dynamic change in the dural sac size on axial loaded MRI in patients with lumbar spinal canal stenosis.
  2. Kanno H, Ozawa H, Tateda S, Yahata K, Itoi E.
    Upregulation of RIP3 expression and involvement of necroptosis in neural tissue damage after spinal cord injury.

国内学会発表

第24回東北脊椎外科研究会 仙台 2014年1月24~25日

  1. 小圷知明、久志本成樹.
    頚髄損傷に対する集中治療室における緊急対応.
  2. 中村 聡、山屋誠司、岩城相光、酒勾 章、井樋栄二.
    当院の脊椎内視鏡下手術導入から現在までlearning curveを乗り越えるための工夫点.
  3. 松原吉宏、佐藤 良.
    Ankylosing spinal disordersに対する2手術例
  4. 山屋誠司、中村 聡、岩城相光、酒勾 章、井樋栄二.
    内視鏡下脊椎手術における3次元術前計画(3D-fusion)の有用性 -硬膜管、神経根、黄色靭帯、椎間板、椎弓の3次元可視化の試み-.
  5. 山屋誠司、中村 聡、岩城相光、酒勾 章、井樋栄二.
    下垂足を呈した腰部脊柱管狭窄症・腰椎椎間版ヘルニアは発症からいつまで手術を行えば回復するか? -下垂足を呈した22例の検討-.

第43回日本脊椎脊髄病学会 京都 2014年4月17~19日

  1. 菅野晴夫、小澤浩司、相澤俊峰、橋本 功、井樋栄二.
    荷重MRIによる腰部脊柱管狭窄の画像診断 -脊髄造影像における狭窄をどこまで捉えるか-.
  2. 菅野晴夫、小澤浩司、舘田 聡、八幡健一郎、井樋栄二.
    脊髄損傷におけるnecroptosisの検討.
  3. 黒澤大輔、村上栄一.
    仙腸関節障害と腰椎疾患における鼡径部痛の出現頻度.
  4. 黒澤大輔、村上栄一、小澤浩司.
    日本仙腸関節研究会多施設共同研究 -仙腸関節障害と腰椎疾患を鑑別するための仙腸関節スコアの検討-
  5. 小圷知明、久志本成樹.
    腰椎損傷に合併した腰動脈損傷の検討.
  6. 小圷知明、佐々木盛力、両角直樹、石井祐信、国分正一、関口 玲、橋本 功、相澤俊峰、井樋栄二、笠間史夫、田中靖久、佐藤哲朗、山崎 伸.
    頚椎椎間板ヘルニアに対する脊柱管拡大術の長期成績 -多施設前向き研究による前方除圧固定術との比較-
  7. 高橋良正、佐藤哲朗、兵藤弘訓、川又朋麿、高橋永次、鈴木一史、那波康隆.
    頚部神経根症に対するtubular retractor を用いた顕微鏡下椎間孔拡大術 -頸椎手術においてtubular retractor は有益か-.
  8. 舘田 聡、菅野晴夫、小澤浩司、関口 玲、山屋誠司、八幡健一郎、井樋栄二.
    脊髄損傷急性期のラパマイシン投与による神経障害疼痛の改善効果.
  9. 橋本 功、田中靖久、椿野 巧、星川 健、中川智刀、猪苗代敬.
    T1強調前額断MRIによる腰椎椎間孔狭窄の診断:その再現性と信頼性.
  10. 八幡健一郎、菅野晴夫、小澤浩司、山屋誠司、舘田 聡、伊藤健太、下川宏明、井樋栄二.
    脊髄損傷における低出力体外衝撃波治療による神経保護作用と運動機能改善効果.
  11. 山屋誠司、中村 聡、岩城相光、酒勾 章、井樋栄二.
    下垂足を呈した腰部脊柱管狭窄症・腰椎椎間版ヘルニアは発症からいつまで手術を行えば回復するか? -下垂足を呈した22例の前向き調査-.

第87回日本整形外科学会学術総会 神戸 2014年5月22~25日

  1. 相澤俊峰、小澤浩司、橋本 功、菅野晴夫、両角直樹、日下部隆、川原 央、高橋永次、佐藤哲朗、国分正一、井樋栄二.
    腰椎変性すべり症に対する開窓術の限界:同一椎間再手術例の検討.
  2. 小澤浩司、佐藤哲朗、相澤俊峰、菅野晴夫、橋本 功、井樋栄二、国分正一.
    頚髄症における術後脊髄腫脹の出現と画像の特徴について.
  3. 菅野晴夫、小澤浩司、相澤俊峰、古泉 豊、両角直樹、橋本 功、石井祐信、井樋栄二.
    荷重MRIによる腰部脊柱管挟窄の画像診断 -立位の脊髄造影像における狭窄椎間の同定-.
  4. 菅野晴夫、小澤浩司、相澤俊峰、古泉 豊、両角直樹、橋本 功、石井祐信、井樋栄二.
    荷重MRIによる腰部脊柱管狭窄の画像診断 -より適切な除圧椎間の同定をめざして-.
  5. 菅野晴夫、小澤浩司、舘田 聡、八幡健一郎、井樋栄二.
    脊髄損傷におけるRIP3発現とnecroptosisの関与.
  6. 舘田 聡、菅野晴夫、小澤浩司、山屋誠司、八幡健一郎、井樋栄二.
    脊髄損傷急性期のラパマイシン投与による神経障害性疼痛の改善.
  7. 椿野 巧、田中靖久、星川 健、中川智刀、笹治達郎、松田倫治.
    腰椎単根障害の手術例に占める椎間孔狭窄の頻度.
  8. 山屋誠司、中村 聡、岩城相光、酒勾 章、井樋栄二.
    脊椎内視鏡手術における3D multi modality fusion imageを使った術前評価の有用性.

第26回日本運動器科学会 静岡 2014年7月5日

  1. 小澤浩司、相澤俊峰、橋本 功、菅野晴夫、井樋栄二.
    脊柱後弯症に対する新しい股装具の開発.
  2. 関口雄介、小澤浩司、金子雅明、相澤俊峰、橋本 功、菅野晴夫、出江紳一、井樋栄二.
    脊柱後弯症に対する短期集中型のリハビリテーション訓練の効果について -介入の前後を比較した予備的研究-.

第63回東日本整形災害外科学会 東京 2014年9月19~20日

  1. 品川清嗣、小澤浩司、相澤俊峰、橋本 功、菅野晴夫、園淵和明、井樋栄二.
    硬膜内髄外腫瘍との鑑別が問題となるidiopathic hypertrophic pachymeningitisの1例.
  2. 椿野 巧、田中靖久、星川 健、猪苗代敬、橋本 功.
    腰部脊柱管狭窄症の再手術の原因 -椎間孔狭窄の重要性-.
  3. 橋本 功、田中靖久、椿野 巧、星川 健、中川智刀、猪苗代敬.
    T1強調前額断MRIによる腰椎椎間孔狭窄の診断:その再現性と信頼性.

第29回日本整形外科学会基礎学術集会 鹿児島 2014年10月9~10日

  1. 菅野晴夫、Pearse D、Bunge M、小澤浩司、井樋栄二.
    シュワン細胞移植による脊髄損傷治療 -神経栄養因子・コンドロイチナーゼとのcombinationによる神経再生の促進-.
  2. 菅野晴夫、小澤浩司、舘田 聡、八幡健一郎、井樋栄二.
    脊髄損傷におけるnecroptosis -新たな細胞死による神経障害メカニズムの解明-.
  3. 舘田 聡、菅野晴夫、小澤浩司、八幡健一郎、関口 玲、山屋誠司、井樋栄二.
    脊髄損傷に対するラパマイシン投与による神経障害性疼痛の改善効果.
  4. 八幡健一郎、菅野晴夫、小澤浩司、山屋誠司、舘田 聡、伊藤健太、下川宏明、井樋栄二.
    脊髄損傷に対する低出力体外衝撃波治療によるVEGF発現と神経保護作用の検討.
  5. 矢部 裕、萩原嘉廣、安藤 晃、土谷晶広、箕輪貴司、竹村太郎、花方信孝、本田雅人、園淵和明、金澤憲治、小出将志、関口拓矢、井樋栄二.
    腰部脊柱管狭窄症における肥厚した黄色靭帯の解析.

第22回日本腰痛学会 千葉 2014年11月15~16日

  1. 星川 健、田中靖久、椿野 巧、高橋康平、松田倫治、鈴木 学.
    骨粗鬆症性椎体骨折後の遅発性麻痺に対する脊柱短縮術.
  2. 村上栄一、黒澤大輔、相澤俊峰.
    難治性仙腸障害に対する仙腸関節前方固定術の術後成績.

講演など

菅野晴夫

  1. 脊髄損傷の新たな病態解明と治療戦略~二次損傷抑制、脊髄再生へ向けて
    第11回名古屋脊椎脊髄セミナー2014 名古屋 2014年7月12日

椿野 巧

  1. Foraminal stenosis as major cause of revision surgeries for lumbar spinal stenosis.
    The combined meeting of the 21th. Spine society of HCM City, Vietnam and the 6th. Khanh hoa internatuinal spine meeting, Vietnam 12/17-21, 2014.

村上栄一

  1. 見逃される重要な腰痛・仙腸関節の痛み
    山口県整形外科医会 山口 2014年5月10日
  2. 見逃される重要な腰痛・仙腸関節の痛み
    福岡臨床整形外科医会 福岡 2014年6月5日
  3. 見逃される重要な腰痛・仙腸関節の痛み
    中信整形外科医会 長野 2014年6月21日
  4. 見逃される重要な腰痛・仙腸関節の痛み
    福井県整形外科医会 福井 2014年6月26日
  5. 見逃される重要な腰痛・仙腸関節の痛み
    東京警察病院講義 東京 2014年7月14日
  6. 見逃される重要な腰痛・仙腸関節の痛み
    Summer Forum for Practical Spinal Surgery 2014 八戸 2014年8月9日
  7. 見逃される重要な腰痛・仙腸関節の痛み
    椎体形成術研究会 京都 2014年9月6日
  8. 人体の要は“仙腸関節”です
    AKA学会学術集会 東京 2014年10月12日
  9. 見逃される重要な腰痛・仙腸関節の痛み
    豊中市整形外科医会 大阪 2014年11月8日
  10. 仙腸関節障害からみえる腰痛の実像
    第5回日本仙腸関節研究会 東京 2014年11月16日
  11. 腰痛、そして仙腸関節の痛み
    宮城県眼科懇話会 仙台 2014年11月22日
  12. 見逃される重要な腰痛・仙腸関節の痛み
    JCOA有床診療所部会 東京 2014年12月7日

 

業績(2013年)

英文論文

  1. Aizawa T, Ozawa H, Koakutsu T, Nakmaura T, Kanno H, HiranoT, Sano A, Ito T, Itoi E.
    Atypical findings on magnetic resonance imaging in the patients with active pyogenic spondylitis in Japanese university hospitals.
    Tohoku J Exp Med 2013; 231: 13-19.
  2. Ozawa H, Aizawa T, Kanno H, Sano H, Itoi E.
    Epidemiology of surgically treated primary spinal cord tumors in Miyagi, Japan.
    Neuroepidemiology 2013; 41(3-4): 156-160.
  3. Sasaji T, Horaguchi K, Shinozaki N, Yamada N, Iwai K.
    Postoperative anemia following posterior decompression surgery for lumbar spinal canal stenosis.
    Tohoku J Exp Med 2013; 229(1): 1-4.
  4. Sasaji T, Shinagawa K, Matsuya S.
    Spontaneous thoracic spinal subarachnoid hemorrhage diagnosed with brain computed tomography.
    Tohoku J Exp Med 2013; 231(2): 139-144.
  5. Takahashi Y, Ozawa H, Sakamoto N, Minegishi Y, Sato M, Itoi E.
    Influence of intramedullary stress on cervical spondylotic myelopathy.
    Spinal Cord 2013; 51: 761-764.
  6. Takahashi Y, Sato T, Hyodo H, Kamawata T, Takahashi E, Miyatake N, Tokunaga M.
    Incidental durotomy during lumbar spine surgery: risk factors and anatomic locations: clinical article.
    J Neurosurg Spine 2013; 18: 165-169.
  7. Yabe Y, Honda M, Hagiwara Y, Tohjo Y, Nakajima S, Ando A, Sonofuchi K, Itoi E.
    Thoracic radiculopathy caused by ossification of the ligamentum flavum.
    Ups J Med Sci 2013; 118(1): 54-58.

邦文論文

  1. 相澤俊峰.
    X線診断Q&A.
    整形外科 2013; 64: 73-74.
  2. 今城靖明、田口敏彦、米和徳、大川淳、大谷晃司、尾形直則、小澤浩司、島田洋一、根尾昌志、井口哲弘.
    日本脊椎脊髄病学会脊椎脊髄手術調査報告2013.
    Journal of Spine Research 2013; 4: 1367-1379.
  3. 黒澤大輔、村上栄一.
    仙腸関節障害の診断と治療 -10年間の進歩.
    別冊・整形外科 2013; 63: 254-259.
  4. 小圷知明.
    高度救急救命センターにおける脊椎・脊髄損傷の現状.
    東北整形災害外科学会雑誌 2013; 56: 4-7.
  5. 高橋良正、佐藤哲朗、兵藤弘訓、川又朋麿、高橋永次、宮武尚央、徳永雅子.
    当科から紹介に至った神経内科的疾患患者の検討.
    東北整形災害外科学会雑誌 2013; 56: 19-23.
  6. 中村豪、小澤浩司、井樋栄二.
    胸腰椎の姿勢異常の症候学.
    脊椎脊髄ジャーナル 2013; 26(6): 645-652.

著書・編書

  1. 相澤俊峰.
    Central herniaに対するMEDのポイント.
    吉田宗人編. スキル関節鏡下手術アトラス 脊椎内視鏡下手術. 文光堂. 2013; 170-175.
  2. 小澤浩司.
    頸肩腕症候群.
    永井良三、太田健編. 頸肩腕症候群. 南江堂. 2013; 1027-1028.
  3. 中村豪、小澤浩司、井樋栄二.
    胸腰椎の姿勢異常の症候学.
    特集: 加齢と姿勢異常. 脊椎脊髄ジャーナル 2013; 26: 645-652.

国際学会発表

59th Orthopaedic Research Society. San Antonio USA Jan 26-29, 2013

  1. Kanno H, Pressman Y, Moody A, Berg R, Muir E, Rogers J, Ozawa H, Itoi E, Pearse DD, Bunge MB.
    Combined engineering of Schwann cell implants to secrete neurotrophin and chondroitinase promotes axonal regeneration and locomotion after spinal cord injury.

ISMISS Japan. Sapporo Japan Jun 20-21, 2013

  1. Ozawa H, Aizawa T, Itoi E, Tanaka Y, Kokubun S.
    Spinal shortening osteotomy with short fusion for osteoporotic vertebral pseudoarthrosis.

9th Asia Pacific Spine Society Congress. Kuching Malaysia Aug 29-31, 2013

  1. Ozawa H, Sato T, Aizawa T, Kanno H, Itoi E, Kokubun S.
    Spinal cord swelling after decompression surgery in cervical myelopathy.
  2. Takahashi E, Hyodo H, Kawamata T, Takahashi Y, Suzuki K, Naba Y, Sato T.
    Normal range of early postoperative imflammatory markers after spine surgery without instrumentation.

Tohoku-Rhamathibodi Joint Conference 2013. Bangkok Thailand Oct 4, 2013

  1. Kanno H, Ozawa H, Koizumi Y, Morozumi N, Aizawa T, Hashimoto K, Ishii Y, Itoi E.
    Increased facet fluid predicts dynamic change in the dural sac size on axial loaded MRI in patients with lumbar spinal canal stenosis.
  2. Hashimoto K, Takumi Tsubakino, Takeshi Hoshikawa, Tomowaki Nakagawa, Takashi Inawashiro, Tanaka Y.
    Diagnosing lumbar foraminal stenosis with coronal MRI: Reproducibility and reliability.

35th Annual Meeting of Royal College of Orthopaedic Surgeons of Thailand. Pattaya Thailand Oct 20-22, 2013

  1. Tsubakino T, Hoshikawa T, Nakagawa T, Inawashiro T, Hashimoto K, Tanaka Y.
    Foraminal stenosis as major cause of revision surgeries for lumbar spinal stenosis.

 

業績(2012年)

英文論文

  1. Aizawa T, Ozawa, H, Kusakabe T, Nakamura T, Sekiguchi A, Koakutsu T, Takahashi K, Morozumi N, Koizumi Y, Itoi E.
    Prevalence of reoperaiton for perioperative complications in lumbar spinal surgery.
    J Spine Res 2012; 3: 149-153.
  2. Aizawa T, Ozawa, H, Kusakabe T, Nakamura T, Sekiguchi A, Sasaji T, Tokunaga S, Chiba T, Morozumi N, Koizumi Y, Itoi E.
    Reoperation for recurrent lumbar disc herniation: a study over 20-year period in a Japanese population.
    J Orthop Sci 2012; 17: 107-113.
  3. Kanno H, Endo T, Ozawa H, Koizumi Y, Morozumi N, Itoi E, Ishii Y.
    Axial loading during magnetic resonance imaging in patients with lumbar spinal canal stenosis: does it reproduce the positional change of the dural sac detected by upright myelography?
    Spine 2012; 37: E985-992.
  4. Koakutsu T, Morozumi N, Hoshikawa T, Ogawa S, Ishii Y, Itoi E.
    Bilateral spondylolysis of inferior articular processes of the fourth lumbar vertebra: a case report.
    Ups J Med Sci 2012; 117: 72-77.
  5. Ozawa H, Kanno H, Koizumi Y, Morozumi N, Aizawa T, Kusakabe T, Ishii Y, Itoi E.
    Dynamic changes in the dural sac cross-sectional area on axial loaded MR imaging: is there a difference between degenerative spondylolisthesis and spinal stenosis?
    AJNR 2012; 33: 1191-1197.
  6. Ozawa H, Onoda Y, Aizawa T, Nakamura T, Koakutsu T, Itoi E.
    Natural history of intradural-extramedullary spinal cord tumors.
    Acta Neurol Belg 2012; 112: 265-270.
  7. Ngo ML, Aizawa T, Hoshikawa T, Tanaka Y, Sato T, Ishii Y, Kokubun S.
    Fracture and contralateral dislocation of the twin facet joints of the lower carevical spine.
    Eur Spine J 2012; 21: 282-288.

邦文論文

  1. 中村豪、小澤浩司、井樋栄二.
    中高齢矢状面脊柱変形患者の歩行障害に背筋の疲労と脂肪変性が与える影響.
    運動療法と理学療法 2012; 22; 455-462.

著書・編書

  1. 村上栄一.
    診断のつかない腰痛・仙腸関節の痛み.
    南江堂. 2012.

国際学会発表

58th Orthopaedic Research Society. San Francisco USA Feb 4-7, 2012

  1. Takahashi K, Ozawa H, Sakamoto N, Minegishi Y, Sato M, Itoi E.
    Influence of the intramedullary stress distribution on pathogenesis of cervical spondylotic myelopathy: biomechanical study using a finite element method.
  2. Yamaya S, Ozawa H, Kanno H, Sekiguchi A, Kishimoto KN, Ito K, Itoi E.
    Effect of low-energy extracorporeal spinal shock wave therapy on spinal cord injury.

22nd Japan-Korean Combined Orthopaedic Symposium. Nikko Japan Jun 7-9, 2012

  1. Hashimoto K, Tsubakino T, Hoshikawa T, Nakagawa T, Inawashiro T, Tanaka Y.
    A case of lumbar spinal canal stenosis on the tethered cord successfully treated by fenestration.
  2. Tokunaga M, Hyodo H, Kawamata T, Takahashi Y, Takahashi E, Suzuki K, Naba Y, Sato T.
    Significance of dynamic CT for osteoporotic vertevral fracture.

 

業績(2011年)

英文論文

  1. Kanno H, Ozawa H, Sekiguchi A, Yamaya S, Itoi E.
    Induction of autophagy and autophagic cell death in damaged neural tissue after acute spinal cord injury in mice.
    Spine 2011;36 :E1427-1434.
  2. Koakutsu T, Morozumi N, Koizumi Y, Ishii Y.
    Lumbar radiculopathy caused by foramina lstnosis in rheumatoid arthritis.
    Ups J Med Sci 2011;116 :133-137.
  3. Koakutsu T, Nakajo J, Morozumi N, Hoshikawa T, Ogawa S,Ishii Y.
    Cervical myelopathy due to degenerative spondylolisthesis.
    Ups J Med Sci 2011; 116 :129-132.
  4. Kokubun S, Ozawa H, Aizawa T, Ngo ML, Tanaka Y.
    Spine-shortening osteotomy for patients with tethered cord syndrome caused by lipomyelomeningocele.
    J Neurosurg Spine 2011; 15 :21-27.
  5. Kokubun S, Aizawa T. Response to the editorial comments by Dr. Vincent C.
    Traynelis on the article entitled "Spine-shortening osteotomy for patients with tethered cord syndrome caused by lipomyelomeningocele".
    J Neurosurg Spine 2011; 15: 19-20
  6. Ozawa H, Itoi E, et al.
    Stretch along the craniocaudal axis improves shape recoverability of the spinal cord.
    J Biomech 2011; 44: 2313-2315
  7. Tokunaga S, Ishii Y, Aizawa T, Koizumi Y, Kawai J, Kokubun S.
    Remodeling capacity for malunited odontoid process fractures in kyphotic angulation in infancy: an observation up to maturity in three patients.
    Spine 2011; 23: 1515-1518.

邦文論文

  1. 小澤浩司.
    脊椎脊髄画像診断 髄内腫瘍・馬尾腫瘍の画像診断.
    Orthopaedics 2011; 24: 169-178.
  2. 小澤浩司、佐藤哲朗、兵藤弘訓、石井祐信、両角直樹、古泉裕、松本不二夫、笠間史夫、田中靖久、井樋栄二、国分正一.
    頚髄症におけるGd-DTPA髄内増強効果.
    東北医学雑誌 2011; 123: 62-64.
  3. 小澤浩司ほか.
    頚髄症における有限要素法を用いた髄内応力分布に関する研究 -第1報-.
    厚労科研 脊柱靭帯骨化症に関する調査研究 平成22年度 総括・分担研究報告書 2011; 95-97.
  4. 田中靖久.
    頸椎疾患由来の手の症候 他疾患との鑑別点.
    現代鍼灸学 2011; 11: 27-33
  5. 田中靖久.
    頸部神経根症の手の症候 特に下垂指 (drop fingers)について.
    脊椎脊髄ジャーナル 2011; 24 :677-682
  6. 田中靖久.
    頸椎疾患の手指のしびれ 他疾患との鑑別点.
    脊椎脊髄ジャーナル 2011; 24 :447-451
  7. 村上栄一.
    私論: この道ひとすじ -仙腸関節と15年.
    整形外科 2011; 62: 1080.
  8. 黒澤大輔、村上栄一、野口京子、田中秀達.
    仙腸関節後方区画と疼痛領域の関連性.
    J Spine Research 2011; 2: 1036-1039

著書・編書

  1. 相澤俊峰、小澤浩司.
    強直性脊椎炎.
    山下敏彦編. アトラス骨・関節画像診断 5 脊椎・脊髄. 中外医学社. 東京. 2011; 71-73.
  2. 小澤浩司.
    リウマチ性脊椎炎(環軸椎亜脱臼を含む).
    山下敏彦編. アトラス骨・関節画像診断 5 脊椎・脊髄. 中外医学社. 東京. 2011; 68-70.

国際学会発表

57th Orthopaedic Research Society. Long Beach USA Feb 13-16, 2011

  1. Nakamura T, Ozawa H, Kishimoto KN, Aizawa T, Kusakabe T, Itoi E.
    Back muscle fatigue during walking in elderly patients with spinal deformity.
  2. Ozawa H, ItoiE, et al.
    In situ stretch along craniocaudal axis improves shope recoveribility of spinal cord.
  3. Sekiguchi A, Kanno H, Ozawa H, Yamaya S, Itoi E.
    Autophagy inducer rapamycin reduces neural tissue damage and locomotor impairment after spinal cord injury in mice.

38th International Society for the Study of the Lumbar Spine. Göteborg Sweden Jun 14-18, 2011

  1. Murakami E, Aizawa T, et al.
    Leg symptoms with sacroiliac joint syndrome.
  2. Kurosawa D, Murakami E, Aizawa T.
    Referred pain area depends on the section of the sacroiliac joint.

31st Hong Kong Orthopaedic Association Annual Meeting. Hong Kong China Nov 19-20, 2011

  1. Tsubakino T, Tanaka Y, Hoshikawa T, Nakagawa T, Inawashiro T.
    Revision surgery for foraminal stenosis of lumbar spine after srugery for intracanal stenosis.

 

〒980-8574 宮城県仙台市青葉区星陵町1-1 TEL 022-717-7245