東北大学整形外科学教室

 特別なお知らせ

ごあいさつ

 整形外科は運動器(手足や脊椎などの骨格、それをつなぎ合わせる関節、靭帯、さらにそれらを動かす神経、筋など)の疾患を扱う診療科です。具体的には、骨折、変形性関節症、椎間板ヘルニア、骨腫瘍などがあります。診療科名に「外科」という言葉が使われてはいますが、内科的な治療(薬や理学療法)と外科的な治療(手術)の両方を行っています。近年、手術においては最小侵襲が求められる時代になっており、当科でも関節鏡と呼ばれる内視鏡を用いた手術を積極的に行っています。

 

 運動器の重要性は21世紀に入り遅ればせながら認識されるようになりました。それは社会の高齢化に伴い、命を延ばす医療から命の質(QOL)を高める医療へと世の中の考え方が変わってきたことにも依ります。運動器症候群(ロコモーティブシンドローム、略してロコモ)という言葉があります。運動器の障害により要介護になるリスクの高い状態を指します。日本には変形性関節症と骨粗鬆症に限っても4700万人の患者さんがいると推計されています。ロコモは正に国民病といえます。高齢者の要介護、要支援の20-30%はロコモに起因することが知られています。そのためロコモを予防し、治療することが要介護、要支援者を減らし、国民のQOL向上、健康寿命の延伸につながります。

 

 東北大学病院整形外科では、高齢者にみられる骨粗鬆症、脊椎症、関節症はもちろんのこと若年者に多いスポーツ障害などにも積極的に取り組み、皆さんのQOLの向上に努めております。

 

東北大学病院整形外科 整形外科科長  井樋 栄二